現場ブログ


塩尻広丘 M邸屋根洗浄後

2018.6.30

まずは全体にプライマー処理を施します。プライマーとは屋根材(カラーベスト)と仕上げ塗料の密着性を良くするために使用するもので例えるならば接着剤のような役割仕上げ塗料をいきなり屋根材(カラーベスト)に塗ってもしっかり密着してくれないので耐久年...........

セメント瓦 葺き替え

2018.6.29

安曇野市豊科M様よりセメント瓦屋根の点検と葺き替えのご相談をうけました。築35年以上経つ今は離れとして使用していて中には書類を保管しているそうで、雨漏りも心配。居室としては使用していないので最低限のリフォームで良い物を提案してほしいとご希望...........

塩尻市屋根補修I様

2018.6.29

このアングルで見ると、とてもキレイなラインがでています見た目+防水機能を両方おさえた職人さんの技術が光ります。高いところなのでなかなか普段点検できない部分ですが、少し曲がっているかな?なんか形がおかしいなど違和感を感じたら早めに専門業者に相...........

TVアンテナ 倒れ

2018.6.28

安曇野市穂高S様より屋根のTVアンテナが倒れたと連絡があり駆けつけました。屋根の上にあがってみると強風でTVアンテナが倒れてしまっていました幸い落下せずに倒れただけで屋根も損傷なく済みました。S様より屋根の傷み具合も一緒に見てほしいと言われ...........

のし瓦

2018.6.27

建物を建てた時にすでに隙間があったのかどうか定かではありませんがのし瓦が所々下がっているので、のし瓦積み直しと併せてコウモリやネズミなどが入らないようにしっかり塞ぐ工事を提案させていただきました今回のように屋根と壁の間にすき間があると台風の...........

松本市雪止め

2018.6.26

本日は、少しヒンヤリとしたお話し。『雪止め』について。これから夏なのに雪止め??人間の心理とは面白いもの。寒い季節には雪止めを検討していたのに、暖かくなると、怖さを忘れ、また季節が巡り、寒くなると急いで雪止め付けてもらおう・・・。なんて。そ...........

FRP雨漏り

2018.6.26

松本市桐H様邸にて2F玄関前に続く通路の床FRP防水補修工事始まりました。今日はまず古くなった防水層(FRP防水)の撤去作業1日目まずは排水路部分を剥がしました。するとベニヤ板が雨漏りにより水を吸ってしまいボロボロに。。。これではFRP防水...........

カラーベスト 屋根 カバー

2018.6.23

塩尻市塩尻町M様より屋根のメンテナンスのご相談がありました。ちょうど弊社からすぐ近くという事もあり直接事務所にお声がけいただきました。早速屋根に上らさせていただきましたミサワホームの建物で屋根材はカラーベストでした。M様より『遠くから見て屋...........

セメント瓦 葺き直し

2018.6.18

軒先からセメント瓦を葺き始めます。今日はここまでで作業終了明日引き続き平瓦を葺いていき棟瓦を納めて完了になります。あともう1日天気がもってくれる事を祈ります

セメント瓦 雨漏り

2018.6.18

梅雨目前に松本市笹部H様より雨漏り調査のご依頼をいただきました。現地に到着しすぐにセメント瓦だと確認できました。まずはお施主様から雨漏りの状況と位置をヒアリングします。このヒアリングが一番大事で、建物の築年数・いつ頃から症例がでたか・何年か...........

IMG_5242_R

2018.6.7

屋根の塗り替えと雨漏りのご相談でお問い合わせいただいた松本市のK様弊社が定期的に出している新聞広告をご覧になりお問い合わせいただいた、新規のお客様です。早速下見に伺いました。事前に陸屋根(ロクヤネまたはリクヤネ=平らな屋根)とお聞きしていた...........

塩尻市 セメント瓦 塗装

2018.6.5

塩尻市広丘M様から瓦屋根に塗装したいと依頼があり、現地調査に行ってきました。5年ほど前に下屋根を板金に葺き替え工事でお世話になり、その後も外壁金属サイディング張り工事など日頃から大変お世話になっております。今回は2F部分のセメント瓦の屋根を...........

棟板金 落下 

2018.6.4

屋根材(カラーベスト)の下に敷いてある野地板(合板)もかなり傷んでおり簡単に持ち上がってしまう状態です。すき間から小屋裏が覗けます下地の木部がこれだけボロボロになっていたので、棟板金を留めつけいていた釘が抜け、棟板金が落下したと考えられます...........

折半防水水切り

2018.6.2

松本市島内にあるF社様にて外壁と折半屋根のすき間からの雨水が落ちてきて困っていると相談があり、調査に伺いました。カーポートの上に登って確認すると折半屋根と外壁の間にたしかにすき間がありました。コーキング処理だけではすき間が広すぎるし。。。そ...........