オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

諏訪郡下諏訪町でパナホームのスレート屋根の調査に行ってきました


諏訪郡下諏訪町で屋根塗装のご依頼があり現地調査に行ってきました。築30年ほど経ったパナホーム(当時はナショナル住宅)のスレート屋根のお家です。過去に2度ほど塗替え歴があるとのことで、30年経ったスレートの割には損傷は少なかったのですが、それでもそろそろ寿命なのかなと思います。パナホームの屋根の特徴である東西面と南北面の勾配が違う屋根でした。東西面は3寸勾配で歩ける緩めの勾配でしたが、南北面は5寸勾配で逆に歩けない勾配です。東西面から見れる範囲で調査しました。
パナホーム現調
パナホーム現調
全体的に色褪せが目立ち、小口からは水がしみていてスレート板に沿って黒い線のようになっています。
パナホーム現調
パナホーム現調
上の写真のように塗膜が剥がれているところも何カ所もありました。スレートはセメントが主原料なのでそれ自体に防水性がありません。塗装をすることで防水性を出しています。その塗膜が剥がれてしまっているので防水性が失われています。ここから入った水が割れや爆裂などの不具合につながっていきます。
パナホーム現調
パナホーム現調
棟板金の様子です。板金自体にさびなどの不具合は見られませんでした。定期的に塗り替えていたからだと思います。ただ、棟板金を止めている釘が何本も浮いていました。釘をよく見るとスクリューが入った釘なので簡単には抜けないはずなのですが、板金の下地の木材が腐食してしまったため釘の浮きにつながってしまいました。下地の交換が必要です。
パナホーム現調
パナホーム現調
ドーマーという小窓が設置されていました。30年経ったドーマーだと多くの場合は何かしらの不具合を起こしていても不思議ではないのですが、このお家のドーマーは塗膜の劣化以外は大きな損傷はありませんでした。これも定期的なメンテナンスをされていたからだと思います。
パナホーム現調
パナホーム現調
こちらもパナホームの特徴である換気用の煙突です。壁は窯業系サイディングで覆われていますが、塗膜の劣化で水を吸ってしまい、板の反りや剥がれが顕著です。ここからの雨漏りの可能性もあるので補修が必要です。
パナホーム現調
パナホーム現調
軒先のスレート板の損傷が激しかったです。一番水が通るのでその水が小口から入ってセメント系の板が腐食され、破損してしまったようです。
パナホーム現調
何社か見積りを取られているとのことでしたが、A社は軒先の数枚だけ板金に交換して、残りは塗装すればいいという提案だったそうです。またB社は全面カバー工法の提案だったそうです。弊社の見解はB社と同じく全面カバー工法がいいという結論です。全体的にスレートの板自体が寿命に来てて、塗装での補修も可能できれいになりますが、あまり長くは持ちません。長い目で見れば今回しっかり直したほうがいいというのが私の見解です。太陽光パネルが乗っているのでその脱着をしなければならないのですが、何度も経験している工事なので問題ありません。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

岡谷市で施工88折板屋根のカバー工法施工の工程を詳しく解説しました。

折半屋根カバー工法
折半屋根カバー工法
工事内容
屋根カバー工事
雨樋交換
落葉除けネット設置
アパート・ビルなどの外装リフォーム
天窓工事
使用素材
セキノ興産SGL鋼板88折板カバー工法用
築年数
30
建坪
120坪
保証
15年
工事費用
210万
施工事例

辰野町セキノ興産45ロック瓦棒三晃式への屋根リフォームの施工例

台風被害屋根工事
台風被害屋根工事
工事内容
破風板板金巻き工事
屋根カバー工事
足場
雪害
使用素材
セキノ興産 45ロック
築年数
30年
建坪
保証
15年
工事費用
100
施工事例

岡谷市長地で雨漏り原因のコロニアルからガルバリウム鋼板の屋根へ  

スレートにタフワイドカバー工法
屋根塗装
工事内容
屋根カバー工事
雨漏り修理
使用素材
月星商事㈱ タフワイド
築年数
35年
建坪
平屋 15坪
保証
15年保証
工事費用
50万円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

立平カバー工法

諏訪郡下諏訪町で瓦棒(三晃式)葺き屋根に新しく立平ロックを重ね葺きしました。三晃式は縦の桟に芯木が入ってないタイプの瓦棒葺きです。この三晃式屋根のメンテナンス方法はいろいろあるのですが、今回はしっかりと直す方法として、桟に角材を抱かせてそこ...........

塗装不可板金被せ工法

諏訪市豊田にて三晃式重ね葺きのリフォームの様子です。写真は葺いた屋根を固定する為のビスを揉んでいる様子の写真になります。ビスを揉むピッチは455mm程度に一本止めて行きます。ただビスを揉むだけでは、ビスの隙間から雨水が侵入してしまう恐れ...........

塗装不可板金被せ工法

諏訪市豊田に屋根塗装の下見に来ています。1階の下屋(げや)と読みます。既存屋根の状況写真です。瓦棒の平面にかなり剥がれが有る様子が写真で確認出来ます。塗装の膜がない所はこのまま放置しておくと、錆び等が発生し屋根材に穴が空いてしまいます。

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら街の屋根やさん松本諏訪平店にお問合せ下さい!
9時~19時まで受付中!!
0120-26-1468