オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

諏訪市でセメント瓦から金属瓦に大変喜ばれている施工事例を紹介します


工事のきっかけ

セメント瓦を塗装するか迷った為
耐震強度のUP

諏訪市 屋根葺き替え,雨樋交換,雪止め設置,足場 屋根葺き替え工事

ビフォーアフター

before
金属瓦葺き替え
horizontal
after
金属瓦葺き替え

工事基本情報

施工内容
屋根葺き替え,雨樋交換,雪止め設置,足場
施工期間
2週間
使用材料
セキノ興産瓦455
施工内容その他
屋根葺き替え工事
築年数
30
保証年数
10
工事費用
250
建坪
40
ハウスメーカー
金属瓦葺き替え

【セメント系瓦(モニエル)】

セメント系の瓦は工場などでセメントを使って屋根の形にした屋根材の事でセメントが屋根の形として固まったら、塗装で補強していきます。

原料がセメントなので比較的安く購入できる屋根材ですが、色々な問題が生じます。

塗装が剥がれてくる・重量がある(粘土瓦も同じ)

等です

金属瓦葺き替え
【瓦を下ろして処分します】
セメント瓦を下して処分する費用は100㎡で20万程度です。
ここにはクレーン代金とセメント瓦の処分代金も含まれます。但し車の搬入など立地条件により大きく左右されます。
金属瓦葺き替え
【非常に高い屋根からの瓦降ろし】
安全対策の足場をしっかり設置、クレーン車にモッコと呼ばれるワイヤーネットを取付けその中へ屋根から取り外したセメント瓦を乗せ下に見える専用のごみ回収BOX(フックロールと呼びます)へ慎重に降ろしていきます。
金属瓦葺き替え
【瓦を下ろして屋根の下地を作り直します】
今回の瓦下ろし作業は12名にて行いました。
全部のセメント瓦を下ろし終わると、瓦の下地(瓦用:かわらよう桟木:さんぎ)・・・瓦桟:かわらざん・・を取り外します。
とにかく大勢の職人さんが現場作業に取り組みます
金属瓦葺き替え
【屋根の防水工事・・チャンピオンルーフィング敷設】
瓦残も取り除かれ平らになった屋根の下地に防水シートを敷いていきます。
屋根の寿命はルーフィングで決まります
当社では標準仕様としてチャンピオンルーフィングを使用します。
高い耐久性とシール性、一般ルーフィングに比べて、引裂強度は3~10倍以上あり、シール性能も高い高性能な防水シートです。
金属瓦葺き替え
【敷設の終わったルーフィングの状況です】
施工費は材料込みで100㎡あたり70,000円から180,000円程度です。施工すルーフィングにより価格は変わります。当然ですが。
半分から右上に黒い昔の古い防水シートが見えますが、既存の防水シートです。
引裂き強度も、今回使用したチャンピオンルーフィングと比べると1/3~1/10程度と破れやすいです。
金属瓦葺き替え
【大型クレーン車で瓦降ろしから荷揚げ作業まで】
この現場では40トンの大型クレーン車で作業をお願いしました。
近くで見上げると更に凄さが伝わりますが左の隅に見える2トントラックがとっても小さく見えますね。
金属瓦葺き替え
【ほぼ垂直な屋根にも防水シート】
正面のセメント瓦も全て降ろして防水シートを全面に敷設が完了しました。
しっかりと頑丈な足場を作ってくれた足場屋さんのおかげ様で作業は順調に進みました。
金属瓦葺き替え
【セキノ興産:かわら455を荷揚げ】
瓦形状で長尺(ちょうじゃく)・・繋ぎ目が無く屋根の頂上(棟:むね)から先端(鼻先:はなさき)まで1枚で成型された材料を使用します。
大型クレーン車で屋根の上まで一気に材料を荷揚げします。
仕上がりが陶器瓦の風格に近く、軽くて丈夫・耐久性に非常に優れた屋根材です。
金属瓦葺き替え
【屋根の木下地を組みます】
瓦の下地となる木材を取付けます。
1尺5寸(45.5センチメートル)間隔で屋根に取付けます。
・・かわら455の名前はこれから来ています・・
縦・横から見て屋根が平らになる様に高さを調整します。
不陸調整(ふりくちょうせい)と言います。
この作業で仕上がりが決まりますので慎重に仕上げる事が職人の腕の見せ所ですね。
金属瓦葺き替え
【1枚が8メートルを超える長尺の屋根材】
皆で声を掛け合っての作業となりますが1枚づつ丁寧に屋根の下地に乗せて取付けて行きます。
屋根材に無理な力を加えてしまうと折れ曲がってしまうので
慎重な作業を必要とします。
金属瓦葺き替え
【屋根の上で慎重に慎重に…】
屋根の先端には落下防止用の足場があるので安心ですが
斜面での作業なので滑らない様に気を付けながら、材料を折り曲げない様に皆の息を合わせて慎重な作業をします。
金属瓦葺き替え
セキノ興産瓦455の施工費です。100㎡あたり・・・
防水シート:チャンピオンルーフィングの敷設工事を含めると約14,000円程度の費用が必要です。
他の屋根材と比べお手軽価格とは言えませんが、雨漏り・耐久性を考慮した場合大変お得です。

金属瓦葺き替え
他にもセキノ興産には45ロックという商品もあり、こちらは
瓦455より少しお値打ちで100㎡あたり●●●円です。
既存が瓦棒葺きの屋根にはそのまま被せて殆ど形状が変わらないのが特徴です。
金属瓦葺き替え
【セキノ興産瓦455が敷き並べられました】
最初の屋根と形状がほぼ変わらない為、豪華な日本瓦の屋根の風格がそのまま再現されますね。

金属瓦葺き替え
【安全対策の屋根足場を処理します】
ジャッキベースと言われる屋根足場を設置した際に屋根に着かれた足場の柱が屋根材を置くのに邪魔になります。
安全を確保しながら浮かせて材料を収め戻します。
金属瓦葺き替え
【傾斜が緩やかな屋根はあとチョットで完成】
綺麗な屋根になりそうですね。
大分形になってきましたのであと一息。
怪我や事故が無いように慎重な作業を進めます。
金属瓦葺き替え
【屋根材は特殊なビスで止めて行きます】
屋根材の一番高い場所にブチルゴムの防水パッキンが付いた防水ねじで止めて行きます。
下地にしっかり固定され、雨漏りも心配ありません
金属瓦葺き替え
【正面の垂直の屋根を施工します】
見ているだけで足がすくむような場所での作業です
足場の安全性に全て身を任せて作業しているのが解りますか?
職人さんご苦労様です。
金属瓦葺き替え
【棟エプロン面戸の取付け】
瓦状の屋根材ですので凹凸が有ります。
正面から見た場合に中央の足場の単管に乗った写真の様な、棟用エプロン面戸(めんど)という部材を取付けます。
金属瓦葺き替え
【面戸の形状】
見ようによってはサングラスのような形のガルバリウム鋼鈑で加工された隙間埋め用面戸
これが所定の場所に収められる事によって、瓦屋根の形にも花を添えられるようになります。
面戸は雨の侵入を防ぐ役目を担っています。
金属瓦葺き替え
【面戸が収められる様子のイメージ写真です】
写真の様な形の屋根材の先端に面戸を取付けます。
取付けられた場合のイメージが次の写真となります
金属瓦葺き替え
【棟にエプロン面戸を取り付けると】
雨や風が下方向から吹き上げてても棟の奥へ雨水が入らない為に取付けます。
台風などの強い風が吹いても心配いりません

金属瓦葺き替え
【屋根の先端の収まり】
下地よりちょっとだけ屋根材が出ている事で屋根の形は出来ましたが、何だか少し寂しく思いませんか?
折角の瓦屋根の優雅さが物足りないと思います。
次の写真の様な化粧板が取付けられれば如何でしょう?
金属瓦葺き替え
【軒先巴(ともえ)面戸の取付け】
通称:まんじゅうとも呼ばれる正面の飾り巴(ともえ)面戸です。
これが取付けられることによって瓦屋根の優雅さが際立ちます。
丸い飾りは瓦屋根には無くてはならない物で瓦らしさを表現していますね。

金属瓦葺き替え
【軒先巴(ともえ)面戸の取付】
簡単に付けているように見えますが、ほぼ直角の屋根にチョコンと飛び出した出窓の屋根の上からの作業です。
安全な足場は有るものの実際に地上から5メートル上の直角な屋根から少し出ただけの小さな屋根の上での作業は、熟練の職人が命懸けで行う作業です。
金属瓦葺き替え
【軒先巴(ともえ)面戸】
正面から見るとこんな感じ
金属瓦葺き替え
軒先巴(ともえ)面戸】
少し離れて見るとから見るとこんな感じ・・・‼

金属瓦葺き替え
【セキノ興産かわら455R】
急勾配に屋根材が取付けられ、途中にある出窓の屋根にも同じ屋根材が敷き終わりました。
先端には巴面戸も取付けられとてもお洒落な金属瓦屋根になりました。
金属瓦葺き替え
【出窓の下の加工・かわら455が取付けられました】
横から見ると垂直に屋根が切り立っているのが良く解ると思います。
屋根材は長尺:(上から下まで1枚で繋ぎ目がない)なので風の吹上で水が入り込むことは全くありません。
窓の下に木枠が取付けてありますが、これから水切りを付けて雨の侵入が無いように工夫していきます。
金属瓦葺き替え
【上から見るだけで真っ逆(まっさか)さま】
この上で作業してみて下さい。
職人さん大変な作業お疲れ様です。
安全対策をしっかりお願いします。
金属瓦葺き替え
【安全帯と屋根足場】
上で材料を降ろす人、中間で支えて材料を送る人、下で受け止めて固定する人。
中間に足を置いての作業ですが2本の単管をダブルで抱かせ滑らない様に安全に気を配っての作業です。
金属瓦葺き替え
【作業を離れた箇所から見てみると】
凄い作業だなぁって思いますよね?
皆、怪我や事故が無く無事工事は完了しました。
皆さんお疲れ様です。
金属瓦葺き替え
現在金属瓦を取り扱っているメーカーで私が知りうる限りですが、セキノ興産・日本ルーフ建材・カナメ建材・メタル建材などがあります。20年前は本当によく売れていた商品群ですが近年ではATタイプなどが主流となりこの瓦状の屋根材を使ってみて施工性や雨漏りの心配がなく、非常に優れた屋根材だと感心します。

金属瓦葺き替え
製品のご紹介をします。
株式会社カナメ 瓦王
株式会社メタル建材 メタルルーフ
日本ルーフ建材株式会社 さいわいルーフ
セキノ興産 瓦455

金属瓦葺き替え
【屋根材の下地工事】
今回は野縁と通常呼ばれる1寸(30mm)×1.3寸(約40mm)の材木を1.5尺(455mm)間隔で取付けました。
この1.5尺間隔がメーカーであるセキノ興産の商品名:かわら455の名前の由来となっています。
金属瓦葺き替え
【木下地に収まる:屋根材のかわら455
綺麗な瓦状に、ぴったり木下地に被せられて行きます。
金属瓦葺き替え
【かわら455はこんな急勾配にもピッタリ】
波の深さが特徴的なこの材料は、見た目が既存で使っていたセメント瓦と比べて更に深く非常に豪華に見えます。
とても綺麗です。
右に見える歩行用の足場板があるので、こんな急勾配の屋根でも安全に作業ができます。
全ての作業で安全第一。
職人さんは大変な気を使って安全に作業を行っていきます。
金属瓦葺き替え
【頂上の棟の下地を作成】
今回のこの現場の屋根はへの字型で左右対称になっていない為、屋根の形状に合わせて加工・取付します。
棟にはガルバリウム鋼鈑を加工したものを用意しました。
取付ける為の木下地を作成している所です。
金属瓦葺き替え
【貫板(ぬきいた)の取付け】
寸法を合わせてしっかり隙間が出来ない様に取付けます
作業場所も垂直な地上から約8メートルでの作業です。
作業は自然と慎重になります。
金属瓦葺き替え
【棟の下地:貫板が取付けられました】
綺麗に下地の板が取付けられた状況です。
金属瓦葺き替え
【仕上げに加工された棟板金が取付けられます】
さすが職人、手前から奥までずっと真っ直ぐに取り付けられた棟板金。加工するのも真っ直ぐに取り付けるのも全ての作業で丁寧なのが見て分かります。
金属瓦葺き替え
【水切り:谷板板金の取付け】
出窓の上の収めの写真です。
この板金も加工から自社で行いますが、上から流れた雨水が下の屋根の中に入らない工夫がされています。
次の写真の様にした屋根の上に取付けた水切りの上に、上から降りた屋根材が被るように取付、風が下方向から吹き上げても雨水が入らない距離も計算して加工してあります。
金属瓦葺き替え
【下の屋根と上の屋根の間の水切り取付】
雨や風が吹きつけても、これだけしっかりした板金を取付けましたので雨漏りの心配はありません。
この作業も床面から5メートル以上の高さでの施工となります。
普通足がすくんでしまうと思いますが、さすが職人頑張っています。
金属瓦葺き替え
金属瓦葺き替え
金属瓦葺き替え
【ケラバカバー取付け:下地作成】
屋根の両端の斜め部分をケラバと呼びます。
このケラバ部分に屋根材と同質の金属カバーを取付けます。
しっかり取付ける為の木下地を先ずは取付、横面~表面にL型に固定しました。

金属瓦葺き替え
【ケラバカバーを取付け】
写真の様に加工されたGL鋼鈑(ガルバリウム鋼板)ケラバカバーを取付しました。
見た目にも綺麗に収まります。
金属瓦葺き替え
【セキノかわら455で仕上げた全容】
とても綺麗な本物の瓦と見間違うような屋根になりました。
屋根材は頂上から鼻先まで1枚で成型された長尺瓦なので、以前のセメント瓦のような経年劣化で割れて落ちてくる心配は全くありません。
金属瓦葺き替え
【金属瓦セキノかわら455で安心・安全】
今回依頼を頂いのには理由が有ります。
今年の台風シーズンに以前のセメント瓦が数枚割れて屋根から落ちてきました。
幸い通行人もおらず大事には至りませんでしたが、これからどの位の期間安心して居られるか心配だった・・という理由です。
before1
金属瓦葺き替え
【施工前のセメント瓦】
施工するのにもしっかりとした足場を組まないと施工が出来ません。
とても大掛かりな大工事となりましたが、工事を終えて見て一安心です。
horizontal
after1
金属瓦葺き替え
【工事を終えてモミジの紅葉も映えますね】
前の写真(施工前のセメント瓦の写真)と比べて見ましょう。
瓦の特徴の波打つ形はそのまま残しつつも、割れないし耐久性も抜群でとても良い出来栄えだと思いませんか?

before1
金属瓦葺き替え
【既存セメント瓦を上から見た状況】
綺麗な瓦で何の問題も無いように見えますが・・
経年劣化が進み横からくぎ抜きを試みると直ぐ割れてしまいます。
普段この上に登る事は無いので問題ないとしますが、今年のような台風が多い年には飛来物が屋根に飛んできた場合、直ぐに割れてしまうかも知れませんね。
vertical
after1
金属瓦葺き替え
【金属瓦セキノかわら455で葺き替えると写真の様になりました】
この屋根は通常の板金の厚みのほぼ2の厚み【通常:0.32mmの板を使用しますが、かわら455は0.6mm厚)があり人が乗ってもビクともしません。
長尺瓦の為、上から下まで繋ぎ目が無く、横の働きは45cmとなっていて1枚づつの重なりも大きく、横からの風の吹込みにも全く問題が起きません。
見た目もこの通りとても美しいですね。


【工事完了後】

金属瓦葺き替え
金属瓦葺き替え
金属瓦葺き替え

同じ工事を行った施工事例

施工事例

松本市寿で行った瓦屋根から天然石吹付屋根へ葺き替え工事のご紹介

松本市寿K邸ガルバへ葺き替え
松本市寿K邸ガルバへ葺き替え
工事内容
屋根葺き替え
使用素材
メリッサ
築年数
30年
建坪
35坪
保証
30年
工事費用
250万
施工事例

茅野市玉川塗装したのに剥がれるなんて。屋根葺き替えました

茅野市玉川S邸
茅野市玉川S邸
工事内容
屋根葺き替え
使用素材
ガルバリウム鋼板 0.35ミリ厚
築年数
35年 ナショナル住宅
建坪
屋根面積70㎡
保証
ガルバリウム鋼板15年 施工保証5年
工事費用
56万円
施工事例

松本市今井のセメント瓦からSGL鋼板への葺き替え工事をご紹介

1月24日 島尻邸
タフワイド葺き替え
工事内容
屋根葺き替え
使用素材
チャンピオンルーフィング
遮熱シートサーモバリア
月星商事タフワイド
築年数
40年
建坪
保証
塗膜保障10年
工事費用
160万円

同じ地域の施工事例

施工事例

諏訪市にて耐震補強工事補助金あり屋根を軽くする提案をして耐震化28%UP

瓦おろし タフワイド施工
屋根カバー工法
工事内容
屋根葺き直し
地震
使用素材
月星産業 タフワイド
築年数
30年
建坪
30
保証
15年
工事費用
120万
施工事例

諏訪市城南の雨漏りでお困りの屋根をカバー工法で修理しました

メリッサ施工前
2階施工後
工事内容
屋根カバー工事
使用素材
ディートレーディング社
メリッサ
築年数
25年
建坪
32坪
保証
30年
工事費用
160万円
施工事例

窯業系サイディング板間目地のシーリングの打替え工事の施工事例

シーリングスピンカッター
シーリングスピンカッター
工事内容
その他の工事
使用素材
オート化学工業 オートンイクシード カラー:ユーロベージュ
築年数
20年
建坪
35坪
保証
工事費用
12万円(別途足場代)

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

5e2f91521135232130e61921694f9c4c

塩尻市広丘で耐震補強工事の依頼を受けました。写真は耐震補強工事の一例の屋根葺き替え工事の様子です。既存の和瓦を下ろして、金属屋根に葺き替えています。屋根の重量を10分の1まで軽量化出来ます。建物の重さの重心が金属屋根材を使用する事により2階...........

屋根

塩尻市で行った瓦下ろしの続きです。瓦が下りたら、お掃除の時間です。長年積もってきた埃や、隙間から入った鳥の巣を取り除きます。

瓦屋根葺き替え

岡谷市長地で瓦屋根からガルバリウム鋼板の長尺屋根に葺き替えの工事を行いましたのでご紹介します。このブログでも再三ご紹介していますが、耐震の関係などで瓦屋根でお困りの方が多く、毎年何件も行っている葺き替え工事です。瓦の降ろし方が立地によってい...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら街の屋根やさん松本諏訪平店にお問合せ下さい!
9時~19時まで受付中!!
0120-26-1468