オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
新型コロナウィルス対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

岡谷市で施工88折板屋根のカバー工法施工の工程を詳しく解説しました。


工事のきっかけ

3階建てでなかなか屋根には上がれない今回の外壁と一緒に屋根も綺麗にしたいし、今後ノーメンテナンスにしたい。

屋根カバー工事,雨樋交換,落葉除けネット設置,アパート・ビルなどの外装リフォーム,天窓工事 折板屋根カバー工法

ビフォーアフター

before
折半屋根カバー工法
horizontal
after
折半屋根カバー工法

工事基本情報

施工内容
屋根カバー工事,雨樋交換,落葉除けネット設置,アパート・ビルなどの外装リフォーム,天窓工事
施工期間
14日
使用材料
セキノ興産SGL鋼板88折板カバー工法用
施工内容その他
折板屋根カバー工法
築年数
30
保証年数
15年
工事費用
210万
建坪
120坪
ハウスメーカー
鉄骨3F
折半屋根カバー工事
岡谷市で88折板の屋根の改修をご紹介いたします。
折板屋根とは鋼板を山形にして緩い子勾配の屋根です。
折半屋根カバー工事
四角く囲ってあるのは屋根換気です。かなり頑丈に作ってありました。
折半屋根工事
荷揚げ作業が完了しました。少なく見えるかもしれませんが、全部の材料が上がっています。落下しないように頑丈に固定していきます。
折半屋根工事
折半屋根の重ね葺きは難しいとされてきましたが、この商品を使えば行えます。ふき葺Ⅱ型(88タイプ)です。
折半屋根工事
かなりの本数ありますが、折半の固定方法が山の頂点をボルトナットで止めていくので全部にないと葺き替えることが出来ないからです。
折半屋根工事
部材が届いたら、山に合わせて確認していきます。この部材はタイトフレーム(ボルト一体型金物)と言って寸法は同じですが、物によっては伸びていたり又は縮んでいるからです。
折半屋根カバー工事
確認しながら取り付けていきます。取り付けていくときに通りを揃えながら行います。
折半屋根カバー工法
固定の方法ですが、既存の折半屋根の山の部分にステンレス製の鉄板用ビスで止めます。そうしないと万が一雨が入ってしまったときに雨漏りの原因になるからです。
折半屋根カバー工事
歩き辛い折半屋根なので、職人さんは休憩を入れながら作業していきます。
折半屋根カバー工事
通りが通ればこのようにキレイに見えます。後々に分かる事ですが、下地工事でもしっかりと行います。
折半屋根カバー工法
下地工事が終わりましたら、いよいよ屋根の本体を葺いていきます。葺き始めが肝心です。適当に取りつけてしまうと終わりの方で狂いが出てしまい大変なことになりかねないので慎重に行います。
折半屋根カバー工法
施工途中の写真です。小さくてわかりずらいと思いますが、タイトフレームの通りを揃えれば表に見えてるナットがキレイに揃うからです。
折半屋根カバー工法
軒先の写真です。通りが揃って見えますが、年数が経つに従って家全体の歪みも出てきます。なので少しですが、ズレています。新しくしていくので通りを揃えていきます。
折半屋根カバー工法
折半屋根の固定方法ですが、元々穴は開いていません。なので上から圧力をかけて下の尖ったボルトで開けます。ボルトが傷んで固定できなくなると思いますが、施工方法ですので安心してください。
折半屋根カバー工法
ナットはパッキン付きのを使用します。黒い部分がパッキンです。
折半屋根カバー工法
写真左側が立ち上げで右側がエプロン面戸です。かなり重要な部分で台風や強風を伴う雨の侵入を防ぐ役割があるからです。二重に行うのも重要です。
折半屋根カバー工法
軒先は化粧フレームを取り付けます。どうしても既存と新規の屋根の間に、すき間ができてしまい鳥など入り込んでしまうからです。
折半屋根カバー工法
いくつもの部材を取り付けたら今度は水切りです。二通り位を目安に作ります。大きくなってしまいますがどうしても必要になってきます。
折半カバー工法
最終工程の雨樋を付けていきます。青色の矢印が雨樋の勾配を決める水糸です。オレンジ色の矢印は高さを決める受け金具です。高さの調整方法はボルトナットで行っていきます。
折半屋根カバー工法
調整が終わったら取り付けていきます。写真上部の受け金具にひっかけて下から押し上げるとはまる仕組みになっています。
折半屋根カバー工法
下からの写真です。後ろ側の爪がガッチリと掴んでいるので落ちることはありません。アングルがいいのでもう一つ、折半屋根の唯一の欠点として、既存の下端が見えてしまう事です。解決策としては塗装をお勧めします。
折半屋根カバー工法
上からの写真です。雨樋の半分位の所が飲み込んでくれるベストな位置だと思っています。出過ぎてしまうとオーバーしたり、引っ込んでしまっていると内側に漏れてしまうからです。一度お家の雨樋を見てはいかかでしょうか?
折半屋根カバー工法
最後に落ち葉ネットを付けて完成です。
折半屋根カバー工法
雨樋の取り付けが終わりましたら、化粧の幕板の取り付けです。金具(銀色に光っている)を取り付け正面からステンレス製のビスで止めていきます。
折半屋根カバー工法
正面からみた様子です。キレイに仕上がりました。
11月22日 岡谷市 矢沢様邸
この折板屋根のカバー工法基本価格は㎡/8000円からとなります。これは材料と工事を含めた価格になります。折板の場合は平面以外にも加工する場所があるのでその辺のトータル予算は実際確認しないと出しにくいところです。
この屋根は塗装しても勾配が緩いので錆びやすいですし手間もかかるので弊社でも最近はカバー工法でご提案することもおおくなってきております。特にボルトが非常によくなってきていますから今度は長持ちします。
もちろんSGL鋼板(セキノ興産)です。15年保証品です。

【工事完了後】

折半屋根カバー工法
折半屋根カバー工法
折半屋根カバー工法
折半屋根カバー工法

同じ工事を行った施工事例

施工事例

屋根カバー工法『立平葺き編』写真で詳しく!解りやすく解説!!

屋根カバー工法 立平葺き
屋根カバー工法 立平葺き
工事内容
屋根カバー工事
使用素材
築年数
建坪
保証
工事費用
施工事例

屋根カバー工法「カラーベストカバー工法編」写真で詳しく解説!

屋根カバー工法「カラーベストカバー工法」
屋根カバー工法「カラーベストカバー工法」
工事内容
屋根カバー工事
使用素材
築年数
建坪
保証
工事費用
施工事例

下諏訪町にて株式会社セキノ興産の45ロックカバー工法をご紹介します

45ロック
仕上がり
工事内容
屋根カバー工事
使用素材
セキノ興産45ロック
築年数
建坪
保証
15年保証品
工事費用
150万

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

岡谷市湊物置屋根

岡谷市で行った物置小屋の屋根のカバー工事の施工の様子をご紹介します。その前にご依頼の理由を説明します。お施主様から、「屋根から物音がする」とお電話頂き当社の職人さんに見て頂いた所、写真のように捲り上がっていました。原因としまして、経年劣化に...........

スレートにタフワイドカバー工法

岡谷市で雨漏りから屋根のカバー工事を行いました。雨漏りを起こしている屋根の施工前になります。一見何も問題無いように見えますが、この状態でも雨漏りを起こしています。今回は雨漏りを防ぐ為、この屋根の上に新しく屋根を被せていきます。

スレート屋根タフワイドカバー工法

今回は塩尻市で行っている屋根のカバー工法の、煙突周りにおける防水処理の方法をご紹介します。まずは、既存の水切りや周りにあるカラーベストを撤去して、水切りの下にある「捨て板水切り」と呼ばれるもう一つの水切りを表に出します。役割として、横風で雨...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら街の屋根やさん松本諏訪平店にお問合せ下さい!
9時~19時まで受付中!!
0120-26-1468