オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

木曽郡大桑村にてニチハパミールの上にガルバリウム鋼板をカバー


工事のきっかけ

高いところから屋根を見た時にボロボロになっているのに気付いた。よく見ると周囲に屋根材らしきものが落ちているのも確認できた。

大桑村 屋根カバー工事 ガルバリウム鋼板カバー工事

ビフォーアフター

before
大桑屋根
horizontal
after
大桑屋根

工事基本情報

施工内容
屋根カバー工事
施工期間
10日間
使用材料
ガルバリウム鋼板タフワイド
施工内容その他
ガルバリウム鋼板カバー工事
築年数
15年
保証年数
10年
工事費用
90万円
建坪
屋根面積96㎡
ハウスメーカー
木曽郡大桑村でニチハ株式会社のパミールという屋根材を使ってボロボロになった屋根を、ガルバリウム鋼板でカバー工事をしました。
このニチハのパミールはセメント系のスレート屋根に分類されます。セメントの薄い板をミルフィーユ状に何層かも重ね合わせた屋根材です。先端の切り口(小口)から水が入り、重ね合わせたスレート板が剥がれ、ボロボロになってしまう屋根材です。
1996年~2008年まで販売されていましたが今は製造中止となっています。販売初期に新築で建てられたお家は20年以上、工期で建てられたお家でも10年以上経っていることになります。
大桑屋根



一番ひどい状況でこんな感じです。
屋根の一番の役目である防水はほとんど役に立っていません。小屋裏をのぞかせていただきましたが、幸いにも雨染みもなく雨漏りの心配はありませんでした。
大桑屋根



まずは屋根の上に12㎜厚の構造用合板を貼っていきます。屋根材の下にある垂木という木材にビスでしっかりと固定します。
大桑屋根



隙間なくしっかりと敷き詰めます。
どんな工事でも同じですが、下地をしっかり施工することで、その後の工事がスムーズに進み、仕上がりもきれいにあがります。
大桑屋根



次にルーフィングという防水シートを敷いていきます。今回は弊社お勧めのチャンピオンルーフィングという防水シートを採用しました。一般的なアスファルトルーフィングと比較しても破れにくい丈夫な防水シートです。
大桑屋根



こちらも隙間なくしっかりと張り上げていきます。左上に見えるのが新しい屋根材です。この日は人数もいたので材料をすべて屋根の上に上げました。
大桑屋根
大桑屋根
大桑屋根
屋根の端の処理です。軒先、ケラバ(屋根の傾斜の先端)にスターターという板金を巻いてこれを基準に屋根材本体を止めていきます。ここまでくると工事の半分以上が終わったという感じです。
大桑屋根
大桑屋根
下から順番に本体をはりあげていきます。
下地の構造用合板、ルーフィング、スターターと丁寧に施工したので、本体もまっすぐきれいに張れます。
大桑屋根
大桑屋根
屋根のてっぺん、棟を仕上げて完成です。
見違えるほどきれいになりました。これで安心して生活できるかと思います。

【工事完了後】

大桑屋根
大桑屋根
大桑屋根
大桑屋根
大桑屋根

同じ工事を行った施工事例

施工事例

岡谷市で施工88折板屋根のカバー工法施工の工程を詳しく解説しました。

折半屋根カバー工法
折半屋根カバー工法
工事内容
屋根カバー工事
雨樋交換
落葉除けネット設置
アパート・ビルなどの外装リフォーム
天窓工事
使用素材
セキノ興産SGL鋼板88折板カバー工法用
築年数
30
建坪
120坪
保証
15年
工事費用
210万
施工事例

辰野町セキノ興産45ロック瓦棒三晃式への屋根リフォームの施工例

台風被害屋根工事
台風被害屋根工事
工事内容
破風板板金巻き工事
屋根カバー工事
足場
雪害
使用素材
セキノ興産 45ロック
築年数
30年
建坪
保証
15年
工事費用
100
施工事例

岡谷市長地で雨漏り原因のコロニアルからガルバリウム鋼板の屋根へ  

スレートにタフワイドカバー工法
屋根塗装
工事内容
屋根カバー工事
雨漏り修理
使用素材
月星商事㈱ タフワイド
築年数
35年
建坪
平屋 15坪
保証
15年保証
工事費用
50万円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

立平カバー工法

諏訪郡下諏訪町で瓦棒(三晃式)葺き屋根に新しく立平ロックを重ね葺きしました。三晃式は縦の桟に芯木が入ってないタイプの瓦棒葺きです。この三晃式屋根のメンテナンス方法はいろいろあるのですが、今回はしっかりと直す方法として、桟に角材を抱かせてそこ...........

塗装不可板金被せ工法

諏訪市豊田にて三晃式重ね葺きのリフォームの様子です。写真は葺いた屋根を固定する為のビスを揉んでいる様子の写真になります。ビスを揉むピッチは455mm程度に一本止めて行きます。ただビスを揉むだけでは、ビスの隙間から雨水が侵入してしまう恐れ...........

塗装不可板金被せ工法

諏訪市豊田に屋根塗装の下見に来ています。1階の下屋(げや)と読みます。既存屋根の状況写真です。瓦棒の平面にかなり剥がれが有る様子が写真で確認出来ます。塗装の膜がない所はこのまま放置しておくと、錆び等が発生し屋根材に穴が空いてしまいます。

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら街の屋根やさん松本諏訪平店にお問合せ下さい!
9時~19時まで受付中!!
0120-26-1468