オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

松本市の顧客様より瓦点検のご依頼を頂き、点検に行った来ました。


瓦点検
今回のご依頼は春になると見事な桜が咲き誇る弘法山近くの顧客様さからの瓦の点検依頼です。弘法山古墳は北アルプスを一望する弘法山山頂にありとても大きな前方後円墳です。春になるとそれは見事な桜が咲き乱れます。去年はここへ桜を見に行きましたが今年はどうなる事か・・・早く日本全国に穏やかな日常が戻る事を願うばかりです。この顧客様は私が入社まもなくの頃に外壁サイディング工事でお世話になりました。
瓦点検
さてさて屋根瓦の点検です。お客様と日程を決め伺い屋根へと上ります。今回は私と瓦職人とで伺いました。こちらは2階大屋根です。棟の漆喰もしっかりしています。剥がれや浮きもありません。平瓦もズレている所もなく問題無いとの判断です。
瓦点検
棟も真っすぐです。棟を止めている銅線も切れている所もなく問題ありません。
瓦点検
こちらは1階の屋根です。北面に白い物が・・・漆喰が剥がれています。漆喰が主として使われる場所は棟部です。葺き土と呼ばれる土を守っています。
瓦点検
瓦屋根の頂上には何段か瓦が積まれている部分があります。これが棟です。棟は屋根の合わせ目を塞ぎ平面側へと雨水を流す役目があります。棟は何段も積んでいますが瓦と瓦を絶妙な角度に調整し排水機能をもたせつつズレない様に重ねる為に土が使われていました。この土を守るのと見た目の美しさで漆喰が使われています。
瓦点検
かと言って漆喰自体に高い防水機能があるわけではありません。漆喰は水をはじきません、むしろ湿気を吸う機能があります。漆喰は壁にも多く使われていました。しかしあくまでも土壁に比べるとはるかに防火性が高いからであり期待されるのは高い防火性にあります。ではこの漆喰がなぜ崩れてしまうかというと、漆喰はもともと調湿性があり水分を吸収したり放出したりしていますが時間と共に固くなっていきます。土も固くなっていきますので剥がれやすくなっていきます。1か所剥がれていたら施工したのは同じ時期ですから全体的に剥がれやすくなっているということです。どのように直すかはこれからお施主様と相談です。
瓦点検
こちらは倉庫の破風板です。こちらの修復もお願いされました。
瓦点検
どんな風になったかまたこのブログでご紹介させてもらいたいと思います。

同じ地域の施工事例

施工事例

松本市のアパートにて雨樋交換、雪止め設置工事を行ないました

屋根塗装下塗り
30964
工事内容
雨樋交換
雪止め設置
使用素材
スノーエールⅡ型、関西ペイントエポMシーラー、関西ペイントヤネ強化プライマーEPO、関西ペイントスーパーシリコンルーフ2液型
築年数
建坪
保証
工事費用
90万円
施工事例

松本市島内にて急こう配屋根に雪止めを設置させて頂きました

雪止め
雪止め
工事内容
雪止め設置
使用素材
スノーメルトフェンス ソーラー用Z-1
築年数
建坪
保証
工事費用
8万円
施工事例

松本市笹賀で急こう配屋根に遮熱効果のあるフッ素塗料を塗装しました

フッ素サンバリアGT
フッ素サンバリアGT
工事内容
屋根塗装
使用素材
AGCコーテック
ルミステージサンバリアGT
築年数
30年
建坪
保証
10年
工事費用
100万円(足場含む)
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら街の屋根やさん松本諏訪平店にお問合せ下さい!
9時~19時まで受付中!!
0120-26-1468