岡谷市でニチハ横暖ルーフSを施工した工程を抜粋して紹介します


工事のきっかけ

耐震性を上げたいのと、瓦のズレや歪みがきになってきたので

岡谷市 屋根葺き直し 瓦を下して横暖ルーフS施工

ビフォーアフター

before
屋根葺き替え 瓦をおろして
horizontal
after
屋根葺き替え 瓦をおろして

工事基本情報

施工内容
屋根葺き直し
施工期間
4日
使用材料
ニチハ横暖ルーフS
施工内容その他
瓦を下して横暖ルーフS施工
築年数
25年
保証年数
20年
工事費用
80万
建坪
15坪(2Fのみ)
ハウスメーカー
屋根葺き替え 瓦をおろして
築年数30年の陶器瓦です。調査の段階で棟がしっかりと
固定されていなく、棟に巻いてある銅線もゆるゆる状態です。この時代はモルタルで固定されているのではなく、土と漆喰にて仕上げてありますので築20年を過ぎますとしっかりとしたお手入れが必要となります。
屋根葺き替え 瓦をおろして
それでは瓦下しの工程です。
まず棟瓦と平瓦を撤去していきます。
その際大量の土(モルタルの場合もある)が出ますので一緒に除去していきます。
屋根葺き替え 瓦をおろして
屋根の下地は瓦桟が瓦1枚1枚に対して横方向へ入っています。(現在は樹脂の瓦桟が一般的になってきました。)
瓦桟と瓦は固定はされていませんので瓦はスイスイと撤去できます。
但し軒先の瓦や雪止め瓦は銅線にて固定されています。
瓦撤去後瓦桟を撤去します。
こちらもバールで1本1本取り外しする作業で瓦下しと共に大変な作業です。
屋根葺き替え 瓦をおろして
瓦撤去後の確認です。
ルーフィング(防水シート)を見てほしいです。
20年以上経過すると穴が開いていたりボロボロに切れていたり耐久的には限界を超えていることが多いです。
この防水シートがしっかりとしていれば仮に雨が漏れても家の中には入りません。
そこで再度屋根の下地を作成します。

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

東筑摩郡麻績村 屋根葺き替え

 当初 Ⅿ様からのご依頼は、自宅母屋の雨漏り修理でした。その対応策、施工方法を説明し進めていく中で、倉庫の屋根瓦の傷みの相談をいただきました。以前は住居の一部として使っていた建物で、この際一緒に見て欲しいとの事でした。下から見ただけでは分か...........

諏訪市小和田 屋根葺き替え

本日の屋根工事依頼は顧客様で以前お客様の声でも紹介させていただいた諏訪市のK様の紹介によりお伺いさせていただきました。いつも顧客様には沢山の方を紹介していただき嬉しい限りです。実はK様の妹さんのお宅です。よくみると表情もよく似ていてびっくり...........

茅野剥がれる塗装S様

本日は、知人・植木屋さんから紹介。茅野市玉川S様のお宅へ伺いました。その知人・植木屋さんいわく、『屋根がハゲハゲなんだよ。。。』『それもさぁ、どっかの業者で3年前に塗装してもらってるんだよ!?』『ヒドイ話だと思わないかい?山下さん?』