オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

上伊那郡辰野町で屋根塗装のご依頼があり下見現地調査に行ってきました


上伊那郡辰野町で屋根塗装のご依頼があり下見現地調査に行ってきました。16:00のお約束で15:30頃会社を出ようとしたところ、突然のゲリラ豪雨、10mほど離れた車へ行くまでにびしょびしょになりました。現地方向の空は日が差していたので大丈夫かなとは思いましたが、現地近くまで降り続いていました。ところが現地周辺は道は乾いていて、全く降っていなかったようです。
お家は2階大屋根が瓦葺き、1階下屋根が塗装対象でトタンの瓦棒葺きです。勾配も緩かったので調査には苦労のない屋根でした。お施主様に挨拶をし、早速屋根に上りました。
トタン屋根塗膜剥がれ
トタン屋根塗膜剥がれ
ちょうど上ったところの屋根は状態は良く、単純な塗り替えで済むなぁと思いましたが・・・
トタン屋根塗膜剥がれ
トタン屋根塗膜剥がれ
他の面を見ると古い塗膜の剥がれが出てきました。
トタン屋根塗膜剥がれ
トタン屋根塗膜剥がれ
見進めていくと剥がれているところは至る所にあり、トタンの素地が見えていました。手でちょっと擦ると簡単に剥がれてくるような状態です。
トタン屋根塗膜剥がれ
トタン屋根塗膜剥がれ
トタン表面は塗装で防錆しています。塗膜の剥がれはトタン素地のサビにつながります。この屋根も初期のサビから、腐食まで進んでいるところまで、塗装では修繕が難しい状態です。
もし塗装をするならこの旧塗膜をすべて剥がさなければなりません。これは大変な作業で、剥がす手間、剥がした塗膜が周辺に飛ばないように養生をする、剥がした塗膜の清掃などが必要です。腐食しているところを補修してようやく塗装ができる状態になります。この手間を考えると上からかぶせるカバー工法がおすすめです。メンテナンスフリーとまではいいませんが、しばらくは屋根のメンテナンスのストレスからは解放されます。塗装すると10年ほどで次のメンテナンスを考えなければなりません。
屋根は10年から15年で一度メンテナンスが必要です。定期的なメンテナンスをすることで屋根は長持ちをします。余計な費用がかかる前に一度街の屋根やさんにご相談ください。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

岡谷市で施工88折板屋根のカバー工法施工の工程を詳しく解説しました。

折半屋根カバー工法
折半屋根カバー工法
工事内容
屋根カバー工事
雨樋交換
落葉除けネット設置
アパート・ビルなどの外装リフォーム
天窓工事
使用素材
セキノ興産SGL鋼板88折板カバー工法用
築年数
30
建坪
120坪
保証
15年
工事費用
210万
施工事例

辰野町セキノ興産45ロック瓦棒三晃式への屋根リフォームの施工例

台風被害屋根工事
台風被害屋根工事
工事内容
破風板板金巻き工事
屋根カバー工事
足場
雪害
使用素材
セキノ興産 45ロック
築年数
30年
建坪
保証
15年
工事費用
100
施工事例

岡谷市長地で雨漏り原因のコロニアルからガルバリウム鋼板の屋根へ  

スレートにタフワイドカバー工法
屋根塗装
工事内容
屋根カバー工事
雨漏り修理
使用素材
月星商事㈱ タフワイド
築年数
35年
建坪
平屋 15坪
保証
15年保証
工事費用
50万円

同じ地域の施工事例

施工事例

カポートの裏側ペフが剥がれてきました。どうすればいい??

工事内容
使用素材
築年数
建坪
保証
工事費用
施工事例

辰野町小野にて軒先唐草の重要性説明・軒先の腐食・返り水で腐食の理由

スレートからタフワイドへ葺き替え
スレート屋根補修
工事内容
屋根補修工事
屋根カバー工事
足場
火災保険
台風
使用素材
月星産業 タフワイド
築年数
25年
建坪
25坪
保証
15年
工事費用
65万
施工事例

上伊那郡辰野町飯澤商店様88折板への大型雨樋取付施工事例紹介

上伊那郡辰野町I店
上伊那郡辰野町I店
工事内容
雨樋交換
使用素材
大型雨樋H120シリーズ
築年数
45
建坪
90坪
保証
10年
工事費用
15万

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

立平カバー工法

諏訪郡下諏訪町で瓦棒(三晃式)葺き屋根に新しく立平ロックを重ね葺きしました。三晃式は縦の桟に芯木が入ってないタイプの瓦棒葺きです。この三晃式屋根のメンテナンス方法はいろいろあるのですが、今回はしっかりと直す方法として、桟に角材を抱かせてそこ...........

塗装不可板金被せ工法

諏訪市豊田にて三晃式重ね葺きのリフォームの様子です。写真は葺いた屋根を固定する為のビスを揉んでいる様子の写真になります。ビスを揉むピッチは455mm程度に一本止めて行きます。ただビスを揉むだけでは、ビスの隙間から雨水が侵入してしまう恐れ...........

塗装不可板金被せ工法

諏訪市豊田に屋根塗装の下見に来ています。1階の下屋(げや)と読みます。既存屋根の状況写真です。瓦棒の平面にかなり剥がれが有る様子が写真で確認出来ます。塗装の膜がない所はこのまま放置しておくと、錆び等が発生し屋根材に穴が空いてしまいます。

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら街の屋根やさん松本諏訪平店にお問合せ下さい!
9時~19時まで受付中!!
0120-26-1468