オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

塩尻市大門ガルバリウム鋼板AT横葺きへカバー工法~谷の施工~


塩尻市大門Y邸
【谷板を収める】作業工程
雨漏りしない様にする為に大変重要な作業です。左右に勾配・向き方向が違った屋根が有った場合、雨水が集まり水が集中する部分が有ります。
『谷:たに』と呼びます。
ここの収めがしっかりしないと必ず雨漏りします。専用の谷板(たにいた)と呼ばれる板金を取付します。

塩尻市大門Y邸
【谷板・棟カバーの取付箇所】
形状も複雑で雨漏りに直結する重要な場所なので作業も慎重になります。
曲げるところはしっかり曲げて、嚙合わせるところは奥までしっかり噛み合う事を確認。
こういう所をしっかり丁寧にやってくれる当社の職人さんに感謝です。
これからも宜しくお願いします。
塩尻市大門Y邸
【谷板の一番低い場所:入り隅】の加工
流れてきた雨水は、谷板を下まで落ちて雨樋に流れ込みます。ここも大風で外れない様にしっかり固定。
塩尻市大門Y邸
【谷板と唐草の収まり】ここから雨樋へ流れ込みます
二つの屋根から集まった雨水が最後に雨樋に流れ込むか?
微妙な隙間から、ちゃんと雨樋に全ての水が流れ込むのか、心配しながら風で外れない様に収まりも確認。
綺麗に出来ているから問題ないようですね。
塩尻市大門Y邸
【谷板と本体(長尺AT葺き屋根材)との収まり】
丁寧にずれが無いように、風で外れない様に、雨漏りしない様に、と色々気を配りながら収めを確認していきます。

塩尻市大門Y邸
【谷板と本体(長尺AT葺き屋根材)との収まり】つかみ
板金同士の重ね目は専用の『つかみと言われる道具で、どんなに衝撃が加わっても大丈夫なようにつかんで折り曲げをして行きます。
塩尻市大門Y邸
【1面仕上がり:長尺AT葺き】
棟カバーの下地の向こう側は一面完了しました。
真っ直ぐでゆがみも無くきれいな屋根に仕上がってきました。
残りの面も順次仕上げをして行きます。
塩尻市大門Y邸
【谷のある面の仕上げ】
残り1面となった状況です。
屋根の仕上がりが大分見えてきましたね。
谷部分の収まりに注意をしながらあと一息。
頑張るぞ~

塩尻市大門Y邸
【棟のカバー取付工事を残して屋根葺き替え全面完了】
この時点で大雨が降っても雨漏りの心配はいりません。
防水シートの施工がきちんと出来ていれば雨漏りする事はありません。
この防水シートの劣化を防ぐのが屋根材の役割なので安心です。

後は棟のカバーを取付けるだけです。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

岡谷市で施工88折板屋根のカバー工法施工の工程を詳しく解説しました。

折半屋根カバー工法
折半屋根カバー工法
工事内容
屋根カバー工事
雨樋交換
落葉除けネット設置
アパート・ビルなどの外装リフォーム
天窓工事
使用素材
セキノ興産SGL鋼板88折板カバー工法用
築年数
30
建坪
120坪
保証
15年
工事費用
210万
施工事例

辰野町セキノ興産45ロック瓦棒三晃式への屋根リフォームの施工例

台風被害屋根工事
台風被害屋根工事
工事内容
破風板板金巻き工事
屋根カバー工事
足場
雪害
使用素材
セキノ興産 45ロック
築年数
30年
建坪
保証
15年
工事費用
100
施工事例

岡谷市長地で雨漏り原因のコロニアルからガルバリウム鋼板の屋根へ  

スレートにタフワイドカバー工法
屋根塗装
工事内容
屋根カバー工事
雨漏り修理
使用素材
月星商事㈱ タフワイド
築年数
35年
建坪
平屋 15坪
保証
15年保証
工事費用
50万円

同じ地域の施工事例

施工事例

瓦下ろしの際にはクレーンを車使用することがあります

IMG_20200411_084948_R
IMG_20200411_104026_R
工事内容
屋根補修工事
使用素材
築年数
建坪
保証
工事費用
施工事例

アルミ製雪止め・スノーエールの切断加工をご紹介します。

スノーエール
スノーエール
工事内容
雪止め設置
使用素材
築年数
建坪
保証
工事費用
施工事例

塩尻市桟敷の金属瓦をフッ素塗装した際の紹介です。

瓦おろし
瓦おろし
工事内容
屋根塗装
使用素材
AGCコーテックのフッ素塗料
築年数
100年
建坪
36坪
保証
10年
工事費用
40万

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

トタン屋根塗膜剥がれ

上伊那郡辰野町で屋根塗装のご依頼があり下見現地調査に行ってきました。16:00のお約束で15:30頃会社を出ようとしたところ、突然のゲリラ豪雨、10mほど離れた車へ行くまでにびしょびしょになりました。現地方向の空は日が差していたので大丈夫か...........

立平カバー工法

諏訪郡下諏訪町で瓦棒(三晃式)葺き屋根に新しく立平ロックを重ね葺きしました。三晃式は縦の桟に芯木が入ってないタイプの瓦棒葺きです。この三晃式屋根のメンテナンス方法はいろいろあるのですが、今回はしっかりと直す方法として、桟に角材を抱かせてそこ...........

塗装不可板金被せ工法

諏訪市豊田にて三晃式重ね葺きのリフォームの様子です。写真は葺いた屋根を固定する為のビスを揉んでいる様子の写真になります。ビスを揉むピッチは455mm程度に一本止めて行きます。ただビスを揉むだけでは、ビスの隙間から雨水が侵入してしまう恐れ...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら街の屋根やさん松本諏訪平店にお問合せ下さい!
9時~19時まで受付中!!
0120-26-1468