オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

長野県松本市島内屋根カバー工法~ルーフィングと遮熱シート施工


松本市島内I邸
松本市島内での工事が始まりました。今回はお客様との打ち合わせを重ね、屋根カバー工法に決定いたしました!工事は夏(>_<)夏の屋根工事は過酷そのものです。職人も暑さ、体力との勝負です。夜のビールを楽しみにもくもくと作業をしています。今回施工する屋根材は株式会社ディートレーディングの高耐久屋根材・メリッサ30年保証です。メーカーで30年の保証を付けるということは40年・50年の耐久が見込めるという事です。「もう屋根の塗装で悩みたくない」これがメリッサを選んで頂いた大きな理由です。
松本市島内I邸
まずはルーフィングを敷いていきます。今回は株式会社チャンピオンのウルトラチャンピオンルーフィングです。当社ブログでもチャンピオンルーフィングの説明を細かくしていますのでブログや施工事例でご確認ください。
ルーフィングを敷くまでが天気との戦いです。夏は夕立もあるため気が抜けません(>_<)
松本市島内I邸
ルーフィングの上に見える銀色の物は株式会社ライフテックのアルミ製純度99%の遮熱シートです。
断熱材を入れているのに室内が厚い(>_<)その原因は輻射熱と呼ばれる物が原因です。
この遮熱シートは断熱材では防げない輻射熱を97%反射します。もっともっと説明したいのですが文字では上手く伝えられないので興味を持って頂いた方は当社へお問い合わせください。
松本市島内I邸
この遮熱シート・サーモバリアを隙間なくしっかり張っていきます。こちらの作業は眩しさとの勝負です。サングラスをしたいけど知らない方が見れば印象が悪いですよね(>_<)サングラスをかけながらの作業なんて・・・これまた我慢です(>_<)
松本市島内I邸
遮熱シート・サーモバリアを張った後にようやくメリッサでの施工が始まります。
今回は既存屋根・コロニアルからメリッサ30年保証品へのカバー工法にて施工です。ルーフィング材は株式会社チャンピオンのウルトラチャンピオンルーフィング。遮熱シートは株式会社ライフテックのサーモバリア。屋根材は株式会社ディートレーディングの高耐久屋根材メリッサでの施工です。続きもお楽しみにしてください。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

岡谷市で施工88折板屋根のカバー工法施工の工程を詳しく解説しました。

折半屋根カバー工法
折半屋根カバー工法
工事内容
屋根カバー工事
雨樋交換
落葉除けネット設置
アパート・ビルなどの外装リフォーム
天窓工事
使用素材
セキノ興産SGL鋼板88折板カバー工法用
築年数
30
建坪
120坪
保証
15年
工事費用
210万
施工事例

辰野町セキノ興産45ロック瓦棒三晃式への屋根リフォームの施工例

台風被害屋根工事
台風被害屋根工事
工事内容
破風板板金巻き工事
屋根カバー工事
足場
雪害
使用素材
セキノ興産 45ロック
築年数
30年
建坪
保証
15年
工事費用
100
施工事例

岡谷市長地で雨漏り原因のコロニアルからガルバリウム鋼板の屋根へ  

スレートにタフワイドカバー工法
屋根塗装
工事内容
屋根カバー工事
雨漏り修理
使用素材
月星商事㈱ タフワイド
築年数
35年
建坪
平屋 15坪
保証
15年保証
工事費用
50万円

同じ地域の施工事例

施工事例

松本市笹賀で急こう配屋根に遮熱効果のあるフッ素塗料を塗装しました

フッ素サンバリアGT
フッ素サンバリアGT
工事内容
屋根塗装
使用素材
AGCコーテック
ルミステージサンバリアGT
築年数
30年
建坪
保証
10年
工事費用
100万円(足場含む)
施工事例

松本市寿で行った瓦屋根から天然石吹付屋根へ葺き替え工事のご紹介

松本市寿K邸ガルバへ葺き替え
松本市寿K邸ガルバへ葺き替え
工事内容
屋根葺き替え
使用素材
メリッサ
築年数
30年
建坪
35坪
保証
30年
工事費用
250万
施工事例

松本市今井のセメント瓦からSGL鋼板への葺き替え工事をご紹介

1月24日 島尻邸
タフワイド葺き替え
工事内容
屋根葺き替え
使用素材
チャンピオンルーフィング
遮熱シートサーモバリア
月星商事タフワイド
築年数
40年
建坪
保証
塗膜保障10年
工事費用
160万円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

立平カバー工法

諏訪郡下諏訪町で瓦棒(三晃式)葺き屋根に新しく立平ロックを重ね葺きしました。三晃式は縦の桟に芯木が入ってないタイプの瓦棒葺きです。この三晃式屋根のメンテナンス方法はいろいろあるのですが、今回はしっかりと直す方法として、桟に角材を抱かせてそこ...........

塗装不可板金被せ工法

諏訪市豊田にて三晃式重ね葺きのリフォームの様子です。写真は葺いた屋根を固定する為のビスを揉んでいる様子の写真になります。ビスを揉むピッチは455mm程度に一本止めて行きます。ただビスを揉むだけでは、ビスの隙間から雨水が侵入してしまう恐れ...........

塗装不可板金被せ工法

諏訪市豊田に屋根塗装の下見に来ています。1階の下屋(げや)と読みます。既存屋根の状況写真です。瓦棒の平面にかなり剥がれが有る様子が写真で確認出来ます。塗装の膜がない所はこのまま放置しておくと、錆び等が発生し屋根材に穴が空いてしまいます。

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら街の屋根やさん松本諏訪平店にお問合せ下さい!
9時~19時まで受付中!!
0120-26-1468