木曽郡大桑村ボロボロになった屋根をガルバリウム鋼板カバー工事


大桑屋根
こんな風になった屋根見たことが無い!初めて伺って屋根を見た時の感想です。
噂には聞いたことがありましたが、長野県にあまり流通していなかったので生で見るのは初めてでした。これはニチハ株式会社のパミールという屋根材です。セメント系のスレートに分類されますが、薄いスレートの板をミルフィーユ状に貼り重ねている屋根材です。アスベスト(石綿)が使えなくなった屋根材でアスベストが入っていないので強度が期待できないうえに、下端の小口(切り口)から雨水が入りやすい構造になっていて、貼り重ねたスレート板が雨水で剥がれてしまい、御覧のような状態になってしまいました。
大桑屋根
大桑屋根
まずは12mm厚の構造用合板を敷き詰めていきます。(左の写真)隙間なくまっすぐしっかりと貼り付けていきます。この仕上がり具合が後々の仕上がりに影響してきます。
次にルーフィングという防水シートを張っていきます。よく使われているアスファルトルーフィングに比べて丈夫な防水シートです。ちょっとやそっとでは破れません。構造用合板をきれいに敷いたので、ルーフィングもきれいに貼れます。どんな工事でも下地が重要です。
大桑屋根
大桑屋根
次に屋根の先端の処理です。軒先の軒先唐草、斜めの部分の先端のケラバをそれぞれ板金で巻いてそれを基準に屋根材を貼っていきます。
今回はガルバリウム鋼板製のタフワイドを採用しました。
大桑屋根
大桑屋根
下から順番に貼っていきます。構造用合板、ルーフィング、先端の板金と丁寧に工事したので、本体もきれいにまっすぐに貼ることが出来ます。
before1
大桑屋根
vertical
after1
大桑屋根
見違えるほどきれいな屋根になりました。
幸い雨漏りはしていなかったのですが、いつ漏れてもおかしくない状況でした。
これからは安心して生活していただけると思います。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

蓼科東急リゾート内での屋根のリフォーム工事落ち葉対策も重要。

茅野市北山A邸屋根葺き替え施工中
茅野市北山A邸屋根葺き替え完工
工事内容
屋根葺き直し
屋根カバー工事
使用素材
築年数
建坪
保証
工事費用
施工事例

諏訪市にて屋根板金工事・屋根を嵩上げする施工をご紹介します。

諏訪市小和田F邸屋根葺き替え
諏訪市小和田F邸屋根葺き替え
工事内容
破風板板金巻き工事
破風板・軒天部分補修
屋根カバー工事
棟板金交換
雨樋交換
使用素材
SGL鋼板 0.35mm厚
築年数
50年
建坪
25坪
保証
15年
工事費用
110万
施工事例

木曽郡大桑村にてニチハパミールの上にガルバリウム鋼板をカバー

大桑屋根
大桑屋根
工事内容
屋根カバー工事
使用素材
ガルバリウム鋼板タフワイド
築年数
15年
建坪
屋根面積96㎡
保証
10年
工事費用
90万円

同じ地域の施工事例

施工事例

木曽郡大桑村にてニチハパミールの上にガルバリウム鋼板をカバー

大桑屋根
大桑屋根
工事内容
屋根カバー工事
使用素材
ガルバリウム鋼板タフワイド
築年数
15年
建坪
屋根面積96㎡
保証
10年
工事費用
90万円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

広丘メリッサ

塩尻市広丘でセメント系のスレート屋根の上にジンカリウム鋼板天然石コーティング屋根材、ディートレーディング社製のメリッサをかぶせるカバー工法をご消化します。ジンカリウム鋼板とはアルミニウムと亜鉛さらにシリコンの合金で順番に55:43.4:1............

塩尻市大門Y邸屋根葺き替え

【ケラバカバー取付け:ビス締め】ケラバとは”切妻屋根”や”片流れ屋根”の外壁から出っ張っている屋根部分の中で、雨樋が付いていない側をケラバと言います。ケラバ周辺の雨仕舞をしっかりと行わないと、雨漏りの原因や外壁の汚れや劣化にもつながります。

塩尻市大門Y邸その4

【こんな急勾配の屋根も施工しました。】見下ろしただけで足がすくむ屋根の上です。屋根勾配:約45度安全対策:落下防止足場が設置されています。これからはハーネスタイプの安全帯が義務化されていきますコロニアル屋根にカバー工法で屋根を被せていきます