オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

長野県塩尻市大門でケラバカバーとメリッサ本体の取り付けの様子


塩尻市大門Y邸屋根葺き替え
【ケラバカバー取付け:ビス締め】
ケラバとは”切妻屋根”や”片流れ屋根”の外壁から出っ張っている屋根部分の中で、雨樋が付いていない側をケラバと言います。
ケラバ周辺の雨仕舞をしっかりと行わないと、雨漏りの原因や外壁の汚れや劣化にもつながります。
塩尻市大門Y邸屋根葺き替え
【ケラバカバーを正面から見ると】
雨仕舞には一番重要で注意をしないといけない場所の一つケラバ収めです。
この上に屋根材が乗ります。
横に流れた雨水は上の写真の真ん中あたりの平たい板金の上まで来て屋根材から下へ流れます。
上から下へラインが微妙に山なりに成っていますが重要な意味を持ちますが想像できますよね?
塩尻市大門Y邸屋根葺き替え
【ケラバ唐草は屋根の側面に当たる雨・屋根に降った全ての雨から屋根を守ります】
ケラバ唐草は下地を守り一段落ちた平たい板金部分でAT葺きで横に流れ一番端まで流れて屋根の下へ流れ込んだ雨水。

これを水上(みずかみ)から水下(みずしも)へ誘導し屋根に降り注いだ雨水を雨樋まで運んでくれる役割を果たします。

最近の住宅では軒の出を殆どなくした建物も少なくありません。
デザイン性は良いのですが余計にこう言った唐草部分等のカバー処理を慎重に納める事が重要となってきます。


塩尻市大門Y邸屋根葺き替え
【当社お薦め:メリッサ30年保証屋根材の取付け】
コイルネイラと呼ばれる自動釘打機。
コンプレッサーのエアーの力(ちから)で自動に釘打ちしてくれるを機械を使い屋根材を下地に留めて行きます。
取付けているのは当社で一番人気の屋根材
基材30年保証のメリッサという屋根材です。
塩尻市大門Y邸屋根葺き替え
重なり目のビス止め】
正面からステンレスのビスをインパクトドライバーで取付
基材は30年以上の耐久性。
ディートレーディング社製「メリッサ」です
天然石がジンカリウム鋼板の表面に吹き付けられていて、なんと30年保証品なのです。実際は50年以上の耐久性のある屋根材です。

塩尻市大門Y邸屋根葺き替え
ジンカリウム鋼板:メリッサ30年保証の屋根材】
メリッサ」は、
1m²あたり7kg(1坪あたり23kg)という軽さ。
他メーカー屋根材と比べると、平板スレートの約1/3、瓦に対しては約1/7の軽さです。
ジンカリウム鋼板とは(アルミニウム55%・溶解亜鉛43.4%・シリコン1.6%)、合金被膜鋼板として、通称”ガルバリウム鋼板”と呼ばれている高耐蝕性・耐熱性・熱反射性と加工性を併せ持つ鋼板と同じ組成の鋼板です。
さらにジンカリウム鋼板(AZ150)はガルバリウム鋼板と比べ、亜鉛鉄板(Z27)との耐久比較において3〜6倍耐久性が優れています。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

岡谷市で施工88折板屋根のカバー工法施工の工程を詳しく解説しました。

折半屋根カバー工法
折半屋根カバー工法
工事内容
屋根カバー工事
雨樋交換
落葉除けネット設置
アパート・ビルなどの外装リフォーム
天窓工事
使用素材
セキノ興産SGL鋼板88折板カバー工法用
築年数
30
建坪
120坪
保証
15年
工事費用
210万
施工事例

辰野町セキノ興産45ロック瓦棒三晃式への屋根リフォームの施工例

台風被害屋根工事
台風被害屋根工事
工事内容
破風板板金巻き工事
屋根カバー工事
足場
雪害
使用素材
セキノ興産 45ロック
築年数
30年
建坪
保証
15年
工事費用
100
施工事例

岡谷市長地で雨漏り原因のコロニアルからガルバリウム鋼板の屋根へ  

スレートにタフワイドカバー工法
屋根塗装
工事内容
屋根カバー工事
雨漏り修理
使用素材
月星商事㈱ タフワイド
築年数
35年
建坪
平屋 15坪
保証
15年保証
工事費用
50万円

同じ地域の施工事例

施工事例

瓦下ろしの際にはクレーンを車使用することがあります

IMG_20200411_084948_R
IMG_20200411_104026_R
工事内容
屋根補修工事
使用素材
築年数
建坪
保証
工事費用
施工事例

アルミ製雪止め・スノーエールの切断加工をご紹介します。

スノーエール
スノーエール
工事内容
雪止め設置
使用素材
築年数
建坪
保証
工事費用
施工事例

塩尻市桟敷の金属瓦をフッ素塗装した際の紹介です。

瓦おろし
瓦おろし
工事内容
屋根塗装
使用素材
AGCコーテックのフッ素塗料
築年数
100年
建坪
36坪
保証
10年
工事費用
40万

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

立平カバー工法

諏訪郡下諏訪町で瓦棒(三晃式)葺き屋根に新しく立平ロックを重ね葺きしました。三晃式は縦の桟に芯木が入ってないタイプの瓦棒葺きです。この三晃式屋根のメンテナンス方法はいろいろあるのですが、今回はしっかりと直す方法として、桟に角材を抱かせてそこ...........

塗装不可板金被せ工法

諏訪市豊田にて三晃式重ね葺きのリフォームの様子です。写真は葺いた屋根を固定する為のビスを揉んでいる様子の写真になります。ビスを揉むピッチは455mm程度に一本止めて行きます。ただビスを揉むだけでは、ビスの隙間から雨水が侵入してしまう恐れ...........

塗装不可板金被せ工法

諏訪市豊田に屋根塗装の下見に来ています。1階の下屋(げや)と読みます。既存屋根の状況写真です。瓦棒の平面にかなり剥がれが有る様子が写真で確認出来ます。塗装の膜がない所はこのまま放置しておくと、錆び等が発生し屋根材に穴が空いてしまいます。

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら街の屋根やさん松本諏訪平店にお問合せ下さい!
9時~19時まで受付中!!
0120-26-1468