オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
新型コロナウィルス対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

朝日村でスレート屋根の上に天然石吹付屋根をカバー工法で施工しました


いつも街の屋根やさん松本諏訪平店のブログをご覧いただきありがとうございます。これからも屋根工事をご検討されている方に少しでも参考になる記事をアップしていきたいと思いますので、引き続きご愛顧よろしくお願いいたします。
今回は東筑摩郡朝日村で施工したスレート屋根の上に天然石吹付屋根材メリッサをかぶせたカバー工法の様子をご紹介します。カバー工法のメリットは廃材が出ないこと。古い屋根の上にそのままかぶせるので、古い屋根材を撤去廃棄する必要がありません。特にスレートはアスベスト(石綿)を含んでいることが多く、これを処分すると大変な費用と手間と神経を使います。
また、新しく防水シート(ルーフィング)を敷くので、これまでの防水性に新たな防水がプラスされることになります。これで雨漏りの心配が格段に減ります。スレート屋根の工事にはお勧めの工法です。
メリッサカバー工法
メリッサカバー工法
既存スレートの状況です。塗膜がペリペリと剥がれています。スレートはセメントと繊維質を混ぜて板状の成形したものです。それ自体に防水性がないので塗装によって防水しています。その塗装が剥がれてしまうと屋根材はどんどん水を吸って脆くなり、割れやかけ、爆裂などを起こします。早めかつ定期的な塗装のメンテナンスが必要な屋根材です。
メリッサカバー工法
メリッサカバー工法
スレートに直接ルーフィングを敷いていきます。軒先から上に向かって10cmほど重ねて敷きます。万が一ルーフィングに水が回っても上から重なっているので、重なりから水が入ることはありません。また、10cmの重なりがあるので隙間がなくそこからも水が入ることはありません。
使用したルーフィングは株式会社チャンピオンのチャンピオンルーフィングです。手で破こうとしても破けない丈夫なルーフィングです。
メリッサカバー工法
メリッサカバー工法
ルーフィングが敷き終わると屋根材本体を葺いていきます。これもルーフィング同様軒先から胸に向かって上へ上へと並べていきます。
使用した屋根材はディートレーディング社製の天然石吹付屋根愛メリッサです。
メリッサカバー工法
棟の施工です。勾配方向の違う屋根がぶつかるところに棟があります。ここは既存の棟を撤去しないと新たに取り付けできないので撤去してからの取り付けになります。下地には通常木材を使うのですが、腐食の心配があるので弊社では樹脂製の下地材を使用します。
メリッサカバー工法
壁際の雨押えの施工です。こちらは亀山の雨押えは撤去せずにその上から新たに雨押えを取り付けます。こちらの下地も樹脂製を使用します。棟、雨押えとも雨漏りしやすいところなので神経を使うところです。
メリッサカバー工法
完成画像です。メーカーが30年保証する長期保証の屋根材です。丁寧な仕事をさせていただきました。これで雨漏りの心配もないと思います。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

屋根カバー工法『立平葺き編』写真で詳しく!解りやすく解説!!

屋根カバー工法 立平葺き
屋根カバー工法 立平葺き
工事内容
屋根カバー工事
使用素材
築年数
建坪
保証
工事費用
施工事例

屋根カバー工法「カラーベストカバー工法編」写真で詳しく解説!

屋根カバー工法「カラーベストカバー工法」
屋根カバー工法「カラーベストカバー工法」
工事内容
屋根カバー工事
使用素材
築年数
建坪
保証
工事費用
施工事例

下諏訪町にて株式会社セキノ興産の45ロックカバー工法をご紹介します

45ロック
仕上がり
工事内容
屋根カバー工事
使用素材
セキノ興産45ロック
築年数
建坪
保証
15年保証品
工事費用
150万

同じ地域の施工事例

施工事例

東筑摩郡朝日村外壁・屋根塗装急勾配で洋風のお宅をフッ素で塗装

東筑摩郡朝日村西洗馬O邸下見
東筑摩郡朝日村西洗馬O邸
工事内容
雪止め設置
外壁塗装
屋根塗装
使用素材
AGCコーテック フッ素樹脂ルミステージGT
築年数
20年
建坪
45坪
保証
10年
工事費用
150万 屋根・外壁塗装

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

岡谷市湊物置屋根

岡谷市で行った物置小屋の屋根のカバー工事の施工の様子をご紹介します。その前にご依頼の理由を説明します。お施主様から、「屋根から物音がする」とお電話頂き当社の職人さんに見て頂いた所、写真のように捲り上がっていました。原因としまして、経年劣化に...........

スレートにタフワイドカバー工法

岡谷市で雨漏りから屋根のカバー工事を行いました。雨漏りを起こしている屋根の施工前になります。一見何も問題無いように見えますが、この状態でも雨漏りを起こしています。今回は雨漏りを防ぐ為、この屋根の上に新しく屋根を被せていきます。

スレート屋根タフワイドカバー工法

今回は塩尻市で行っている屋根のカバー工法の、煙突周りにおける防水処理の方法をご紹介します。まずは、既存の水切りや周りにあるカラーベストを撤去して、水切りの下にある「捨て板水切り」と呼ばれるもう一つの水切りを表に出します。役割として、横風で雨...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら街の屋根やさん松本諏訪平店にお問合せ下さい!
9時~19時まで受付中!!
0120-26-1468