松本市梓川8月6日のショッピングセンター突風被害の様子を紹介


一昨年に屋根の塗装をさせていただいてから度々声をかけていただいている松本市梓川のショッピングセンター、先日8月6日の夜に起きた突風災害で甚大な被害にあわれました。
ダウンバースト(積乱雲から吹き降ろす爆発的な気流が地表に衝突して吹き出す破壊的な気流)が原因と言われています。松本市梓川と安曇野市三郷という隣同士の一部の地区にだけ起きたようです。被害にあわれた方には心よりお見舞い申し上げます。
アルピア20190806
アルピア20190806
上の写真は専門店が並ぶ通路の天井です。普段から鉄骨がむき出しになっていたわけではなく、ちゃんと天井材が貼ってありました。災害から3日経った写真なので復旧に向けて全部撤去した後の様子ですが、テレビのニュースやネットの動画では天井がバタバタと落ちてくる様子が映し出されていました。
横からの突風では軒下の天井が剥がれる事はありません。ダウンバーストが原因というのは真実味があります。
アルピア20190806
こちらは100円ショップの入り口です。このショッピングセンターに入っているお店の中で一番大きな店舗です。入口も間口が大きいのですが、白いシートの向こう側のガラスやその枠が被害にあいました。
アルピア20190806
こちらがシートの中の様子です。ガラス張りの風除室になっていましたが、ここも復旧に向けてガラスや折れ曲がったアルミ枠は撤去されていました。
アルピア20190806
屋根の上からも様子です。ガラスが割れて撤去されている様子がわかるかと思います。
アルピア20190806
アルピア20190806
屋根関係では先ほどの3枚目の写真の上にある幕板が下から吹き上げた突風で上に持ち上げられるように折れ曲がっていました。人間の力ではびくともしない頑丈なものですが、自然の力は恐ろしいものです。
オーナ様が「怪我をされた方が一人もいなかったのが不幸中の幸い」とおっしゃっていました。本当にその通りだと思います。
アルピア20190806
アルピア20190806
アルピア20190806
アルピア20190806
今回の被災で破損した部分の補修、修理は弊社ではできませんが、屋根の上がどうなっているか心配だから点検して欲しいというご依頼で今回伺いました。
一昨年屋根の塗装をさせていただきました。4面ある屋根の家一番南と一番北の屋根を塗りましたが、1年半経過しても塗装面は全く問題なく、ツヤもまだあり太陽があたってキラキラしていました。
アルピア20190806
アルピア20190806
しかし、塗替えをしていなかった面はサビが広がってきています。1年半前もサビはありましたが、優先順位で2面だけ塗り替えました。今回はこの面の塗り替えをご依頼いただきました。
アルピア20190806
アルピア20190806
屋根が大きいので雨樋というか排水路も大きいものです。こちらはその箱型の排水路の下側ですが、サビが出ていつ穴が開くかわからないという状態です。以前もこの排水路がサビで腐食して穴が開き、雨が降るとそこから滝のように雨が落ちて雨漏りになったという経緯がありました。今回そうならないように事前に補修します。

同じ地域の施工事例

施工事例

松本市波田コロニアルから横暖ルーフへの葺き替えをご紹介します

松本市波田K邸屋根葺き替え下見
松本市波田K邸屋根葺き替え
工事内容
屋根葺き直し
使用素材
築年数
建坪
保証
工事費用
施工事例

ベランダ防水の工程を画像で解説シーラー~中塗り~トップコート

ベランダ防水シーラー
ベランダ防水シーラー
工事内容
防水工事
使用素材
築年数
建坪
保証
工事費用
施工事例

関西ペイントセメント瓦よみがえり工法~スレート屋根の塗り替え

M様邸屋根
M様邸屋根
工事内容
屋根塗装
使用素材
関西ペイントヤネ強化プラーマーEPO/RSルーフ2液型Si
築年数
20年
建坪
屋根面積:98.5㎡
保証
工事費用
30万

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

松本今井S邸

松本市今井の以前からお世話になっている顧客様から、大雨が降ると天井裏から水が落ちる音がするから見て欲しいというご依頼を頂き、調査に伺いました。その音がする日に伺えるのが一番いいのですが、梅雨が明けて雨が降らなくなり、夕立を狙うにもいつ夕立が...........