松本市新村で雨漏り発生!調査・点検から緊急対応してきました!


今回のご依頼は雨漏り点検です。建物自体は築後50年以上経っていて、増改築を繰り返してきたそうです。その都度、都合のいいように増改築してくると、建物全体としては、どうしても不具合がでてきますね。下の写真はお屋敷の一部ですが、母屋と離れを繋いだり、庇を取り付けたりして複雑に入り組んでいるのが分かります。
松本市新村雨漏りF邸
雨漏りの判断は、非常に難しいところがあります。雨漏りしているところのすぐ真上あたりが侵入口だと分かり易いのですが・・・それでもその周辺に当たりをつけて、まずは点検調査してみましょう。写真でみると波板の向こう側、一段高くなっている屋根の下が今回の雨漏り箇所です。(分かりにくいですが、そこも一部波板になっています)それでは見てみましょう。
松本市新村雨漏りF邸
まず一番怪しいと思われるところから。ご覧のとおり長年の積み重ねでひび割れや欠け、表面の剥がれそしてコケだらけの状態です。この面に原因があると思われます。
松本市新村雨漏りF邸
この列の上、一枚目の瓦(棟瓦への突き当り)が割れています。この瓦は固定されているので、下から順に剥いでいってみましょう。
松本市新村雨漏りF邸
下2段を剥いだところです。一段目までは板金が施されていましたが、そこから上は、木の板が張ってありました。昔ながらの「トントン葺き」という施工でした。いまでいう防水シートもなく・・・
松本市新村雨漏りF邸
防水のため割れた瓦の下にシートを敷き込み、雨水が侵入しても外に流れるようにしました。
松本市新村雨漏りF邸
トントン葺きが悪いということではなく、更に防水のための施工が必要だったということですね。(瓦を戻した状態です)
松本市新村雨漏りF邸
最後に割れた瓦を補修します。割れに沿ってコーキングしました。これで一安心かと思いますが、全体的に屋根の状態からすると、気付かないところでも雨漏りの可能性はあるのでは・・・と。本日はこの後、雨に見舞われたため作業はここまでとしました。お施主様には梅雨時でもあるので、しばらく注意して見てください、とお伝えしました。
松本市新村雨漏りF邸
こちらが雨漏りしていた場所で、母屋と離れの接続の箇所です。(ここ1年2年のことではないと思います)雨漏りに限らず何か異変、いつもと違うなあと感じたら、ぜひご一報ください。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

諏訪市破風のリフォーム工事 破風板の新設と破風板金・雨樋交換

諏訪市小和田F邸屋根葺き替え
諏訪市小和田F邸屋根葺き替え
工事内容
屋根補修工事
破風板板金巻き工事
破風板・軒天部分補修
屋根カバー工事
使用素材
SGL鋼板 破風板
築年数
45年
建坪
25坪
保証
10年
工事費用
破風の部分18万
施工事例

ガルバリウム鋼板一文字葺きのケラバの納め方~本体の止め方まで

瓦棒からタフワイド
瓦棒からタフワイド
工事内容
屋根補修工事
屋根葺き替え
使用素材
タフワイド(月星商事)
築年数
100年
建坪
90坪
保証
15年
工事費用
250万円

同じ地域の施工事例

施工事例

松本市島立でバルコニーに新たにFRP防水を施工しました

松本FRP防水
松本FRP防水
工事内容
防水工事
使用素材
日本特殊塗料 タフシール
築年数
20年
建坪
バルコニー面積 24㎡
保証
工事費用
38万円
施工事例

松本市波田コロニアルから横暖ルーフへの葺き替えをご紹介します

松本市波田K邸屋根葺き替え下見
松本市波田K邸屋根葺き替え
工事内容
屋根葺き直し
使用素材
築年数
建坪
保証
工事費用
施工事例

ベランダ防水の工程を画像で解説シーラー~中塗り~トップコート

ベランダ防水シーラー
ベランダ防水シーラー
工事内容
防水工事
使用素材
築年数
建坪
保証
工事費用

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

松本市梓川H邸庇工事

今回のご依頼は庇のトタンを張り替えたい!でした。とにかくもうボロボロで、とお客様が仰るので早速、下見にいくと・・・確かにそれに近い状態でした。普段は農作業や納屋として使っている建物だそうです。一目見て、庇自体のしなりが気になりましたが、トタ...........

安曇野市穂高E邸

今回は岡谷市の大切な顧客様からの屋根点検の依頼をいただきました。いつもありがとうございます!遠目で見ると屋根の色が薄くなって見えるので点検して欲しいとの事で早速点検です。こちらのお宅は総二階。総二階とは2階建ての建物で1階と2階の面積がほぼ...........

大町市大町W邸

北アルプスの麓・大町市にて瓦屋根から金属瓦屋根へと葺き替え工事をやらせていただきました。「最近地震が多くて重い屋根は不安だから」というのがきっかけでした。ただお施主様は瓦屋根が大好きとの事。「本当は瓦を下ろしたくはないけどね」こんな理由から...........