オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

辰野町セキノ興産45ロック瓦棒三晃式への屋根リフォームの施工例


工事のきっかけ

2019年の台風時に壁から雨漏りをしました。原因は屋根の壁際の処理方法ということで今回は壁際をしっかりと施工することを考えて屋根リフォームをしました。

破風板板金巻き工事,屋根カバー工事,足場,雪害

ビフォーアフター

before
台風被害屋根工事
horizontal
after
台風被害屋根工事

工事基本情報

施工内容
破風板板金巻き工事,屋根カバー工事,足場,雪害
施工期間
20日
使用材料
セキノ興産 45ロック
施工内容その他
築年数
30年
保証年数
15年
工事費用
100
建坪
ハウスメーカー
台風被害屋根工事
先にご紹介しておきますが、今回使用する屋根の材料はセキノ興産さんが販売します、45ロックという商品になります。この商品は、既存の屋根が瓦棒(かわらぼう)という屋根であればカバー工法による葺き替えが可能な商品です。
台風被害屋根工事
今回は一枚物の鉄板材料なのでクレーンを使用しました。
台風被害屋根工事
今回ご紹介しますお家は、三晃式瓦棒の屋根が経年劣化による金属の腐食で穴が空きました。そこに雪が積もり、融けて雨漏りの原因になったお家です。
台風被害屋根工事
材料搬入でクレーンを使用しましたが久しぶりだったので、声をかけながら安全に搬入を行いました。
台風被害屋根工事
材料搬入後は、取り換えたりしないといけない水切りや雨押えを撤去していきます。撤去の時、注意しなければいけない事があります。
それは雨漏りです。
本来あるべき水切りや雨押えが無くなればそこは、大きい穴になるからです。なので今日行う分だけ撤去することを心がけています。
台風被害屋根工事
撤去が終われば今度は寸法出しをします。
ケラバ(屋根の端)の部分は元の屋根によって寸法が違ってくるので、その都度図っていきます。
45ロックはその名の通り働き幅(表に見える部分)が455㎜となっているので、切断し幅を合わせる必要があります。
台風被害屋根工事
寸法出しが終わったら屋根を葺く下準備をしていきます。今回使用する取付金具は、吊子(つりこ)という金具になります。種類が2つあって、部分吊子と通し吊子です。こちらのお家は通し吊子を使用しました。
台風被害屋根工事
何故通し吊子を使用したのかと言いますと、施工性能と歪みの矯正です。
1つ目の施工性能とは、部分吊子に比べて半分の時間で施工できるという点です。
2つ目の歪みの矯正とは、屋根本来の形状に部分吊子を設置していく場合、下がってしまったり上がってしまう所があると、高低差が出て取り付けが不可能になってしまうからです。そこを通し吊子で補います。
台風被害屋根工事
通し吊子を設置出来たら45ロック本体を施工していきます。写真のアングルだと見にくいですが、吊子と1枚目の本体をステンレスビスで止めていきます。ここがポイントで、見えなくなる場所にもしっかりとステンレスビスを使用します!
台風被害屋根工事
止めた後は、2枚目を被せていきます。
しっかりハマるのかドキドキします。
台風被害屋根工事
ハマった後になりますが綺麗にいきました。このようにするためには下地から、しっかりと行うことが大事だと思います。
台風被害屋根工事
どういう感じではめ込むかと言いますと、足でギュッギュッと踏み込んでいきます。
踏み込むときに注意しなければいけないことがあります。それは、一方から踏んでくることです。そうしなければ真ん中の方でハマらなくなってしまい屋根の材料がダメになったりして時間の無駄になるからです。
台風被害屋根工事
寸法を出したら加工に入ります。加工方法は各職人さんによって違いますが、今回は立ち上げを作りました。雨漏りからの依頼なのでしっかりと立ち上げ、万が一雨水の侵入があっても防ぐようにです。
台風被害屋根工事
立ち上げ完了です!これで安心できます。
この部材は壁の立ち上がるところに使います。
台風被害屋根工事
加工したものを取付します。壁の立ち上がりの部分に取付しています。
台風被害屋根工事
アップでみるとこんな感じです。左に見えるのは外壁のALC、ここを雨水が超えると壁から水が入ってきます。
前回はここから漏れていました。
台風被害屋根工事
このセキノ興産さん45ロック 今回は9mの長さです。とても一人では持てません。また厚みも0.5㎜なんです。通常の板金や屋根材は0.3㎜程度のものがほとんどですがこの45ロックは9mなど長いまま施工できるように暑くなっています。
台風被害屋根工事
写真のように常に二人でないと持ち上がりませんし、これでよれたりしないので、どれだけ固いものかご理解できるかと思います。
台風被害屋根工事
そしてもう一つの特徴は写真で白く見える通し吊り子です。
この吊り子を鉄骨の骨組みに止めることで強度をだします。
そしてこの吊り子に屋根材を止めていきます。

台風被害屋根工事
通し吊り子は非常に硬くて真っすぐなラインがでます。
その吊り子に対して屋根材と止めていきますので写真のように均一な綺麗な流れになります。
台風被害屋根工事
先ほども紹介はさせてもらいましたが、重要なのはこの部分です。真っすぐがでていないとここがかみ合わないのです。
この部分はかみ合わせだけで止まっています。(釘やビスを打つと穴があいてしまいます)
この部分がセキノ興産45ロックの最大の特徴かと思いますし、仕上がりに綺麗さなどこだわりのポイントでしょう。
台風被害屋根工事
ここは水上部分の加工となります。
掴みという道具で折り曲げをつけます。
台風被害屋根工事
屋根の一番高いところがこの部分です。風邪などで吹き上がってくる水が乗り越えないように立ち上がりを作成します。
台風被害屋根工事
この立ち上がりの部分に下地材木をうちます。
(今回は樹脂胴縁)
台風被害屋根工事
水切りを笠木の下に差し込んで取付します。
台風被害屋根工事
壁の立ち上がりの部分も同じように屋根を立ち上げして
台風被害屋根工事
材木の下地材を入れます。
台風被害屋根工事
壁も不陸が多いので材木を通して真っすぐなラインをだします。
台風被害屋根工事
特殊に加工してきた水切りを取付します。
今回の屋根の工事は辰野町です。ここは伊那谷の深いところで屋根にも雪がたまり凍りになってしまうほど寒いところです。

台風被害屋根工事
屋根からトータル20㎝立ち上げてますので、まず雨漏りすることはないでしょう。屋根のリフォームでもっとも大切なところです。
台風被害屋根工事
こちらも下地に作成した材木へビス止めしていきます。
もちろんステンレスビスです。
屋根工事の際は弊社では施工統括部長猿田の指示のもと見えないところでもしっかりとやっております。
台風被害屋根工事
壁の板金の取付です。今回は角波をつかいました。
台風被害屋根工事
角波の裏側に屋根板金の立ち上げがくるようにします。

台風被害屋根工事
この角波板金の裏側に立ち上げを作成することがとても大切なことです。
台風被害屋根工事
仕上がり画像です。
台風被害屋根工事
全体像となります。ここまでくると実際の屋根工事の費用が気になるところですよね。
今回この屋根は約130㎡です。屋根工事のみの費用は70万程度です。㎡単価ですと5500円という計算となりますが、屋根の形によりさまざまです。
台風被害屋根工事
やっと仕上げです。今回の辰野町での屋根のリフォームは施工期間10日二人で10日程度かかりました。シンプルな片流れなので施工期間は短くてすみました。
台風被害屋根工事
最後に笠木の板金巻きをします。
台風被害屋根工事
重ね部分は60㎜以上 下地板金には折り返しをつけることで
雨の侵入はなくなります。
台風被害屋根工事
笠木の外壁側です。実は前回外壁塗装をしておりますがこの笠木と外壁がぴったりとくっついていた為外壁に水が回っておりました。
施工統括部長猿田の指示のもと笠木の内側に水切り的なものを差し込みして返り水にならないように施工をいたしました。
台風被害屋根工事
こちらは雨樋に入れた融雪ヒーターの配管です。
最後にこういった部分をもとに戻します。

【工事完了後】

台風被害屋根工事
台風被害屋根工事
台風被害屋根工事
台風被害屋根工事

同じ工事を行った施工事例

施工事例

諏訪市にて屋根板金工事・屋根を嵩上げする施工をご紹介します。

諏訪市小和田F邸屋根葺き替え
諏訪市小和田F邸屋根葺き替え
工事内容
破風板板金巻き工事
破風板・軒天部分補修
屋根カバー工事
棟板金交換
雨樋交換
使用素材
SGL鋼板 0.35mm厚
築年数
50年
建坪
25坪
保証
15年
工事費用
110万
施工事例

諏訪市破風のリフォーム工事 破風板の新設と破風板金・雨樋交換

諏訪市小和田F邸屋根葺き替え
諏訪市小和田F邸屋根葺き替え
工事内容
屋根補修工事
破風板板金巻き工事
破風板・軒天部分補修
屋根カバー工事
使用素材
SGL鋼板 破風板
築年数
45年
建坪
25坪
保証
10年
工事費用
破風の部分18万

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

屋根工事

松本市中央での屋根工事です。前回のブログでは瓦を撤去する作業をご紹介させて頂きましたが今回はその続きになります。瓦をみんなで手下ろし・・・体力も限界が近いのにまだまだ作業は終わりません(>_<) 瓦を下ろした後は屋根キレイに掃除...........

瓦下ろし

松本市の中心街、松本市中央での工事が始まりました。3月に入ると気候も良く作業をするには一番良い季節がやってきました。これから梅雨の季節まではお客様に取っても、私たちにとっても、とても良い季節です。そんな暖かい陽気の中、瓦の撤去から始まります...........

三晃式カバー工法

茅野市玉川でのヤネカバー工法の施工現場です。今日は軒先の加工をしております。屋根工事はこの軒先がきれいにできているかいないかで見た目の豪華さや緻密さがすぐにわかります。

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら街の屋根やさん松本諏訪平店にお問合せ下さい!
9時~19時まで受付中!!
0120-26-1468