岡谷市長地屋根塗装をご自分でされると後々面倒なことになります


IMG_0909_R-columns3-overlay
IMG_0912_R-columns3-overlay
IMG_0911_R-columns3-overlay
お世話になっている企業の社員さんで、岡谷市長地にお住いのお客様から屋根塗装のご依頼があり下見に行ってきました。
屋根に上ってみるとシルバー系の塗料が剥がれていて、その前の赤い塗膜が露出していました。
このシルバーの塗料はホームセンターで買って来てお施主様がご自分で塗った塗料です。屋根をご自分で塗らる方は非常に多いのです。費用が材料代だけで済むというのが最大の利点でしょう。DIYがお好きでご自分で塗る方もいらっしゃると思います。

IMG_0903_R-columns3-overlay
IMG_0902_R-columns3-overlay
IMG_0914_R-columns3-overlay
メリットがあるということは裏を返せばデメリットもあるということです。我々プロからすれば屋根塗装をご自分でなさるのはやめてくださいと言いたいところです。
デメリットの一つ目は危険であるということ。我々は屋根に上るときには必ずヘルメットを着用します。ヘルメット1つで命の保証はできませんが、少なくともその可能性は低くなります。このヘルメットを着用してご自分の家の屋根に上る方はほとんどいないと思います。墜落制止用器具(安全帯)を着用する方はほぼゼロではないでしょうか。危険なのでやめてください。
IMG_0905_R-columns3-overlay
IMG_0913_R-columns3-overlay
IMG_0904_R-columns3-overlay
二つ目は下塗りをしないということ。下塗りやサビ止めは屋根材と塗料を密着させる接着剤のようなものです。これを塗らずにトップだけ塗る方がほとんどだと思います。トップだけ塗るとすぐに剥がれてしまいます。すぐに剥がれたからまたご自分で塗る、これを繰り返すとドンドン塗膜が厚くなってしまい、プロが塗り直すことが出来ない状態になってしまいます。すると葺き替えをしなければならなくなったり、今までの塗膜を除去しなければならなかったり、余計なコストがかかってしまいます。

このお宅は幸いにもご自分で塗ったのは1回だけだったので何とか塗装でメンテナンスできました。
塗装は一見簡単に見えますが、塗料の選択や技術など奥の深い作業です。プロにお任せください。

★★★塩尻市、松本市、安曇野市、諏訪地区、大北地域、木曽地域で
屋根でお困りの方は街の屋根やさん松本平店にお問い合わせください。
下見、調査、見積りは無料です。どんな屋根も適切なアドバイスを致します★★★

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

アルピア20190806

一昨年に屋根の塗装をさせていただいてから度々声をかけていただいている松本市梓川のショッピングセンター、先日8月6日の夜に起きた突風災害で甚大な被害にあわれました。ダウンバースト(積乱雲から吹き降ろす爆発的な気流が地表に衝突して吹き出す破壊的...........

塩尻市大門Y邸屋根葺き替え

【ケラバカバー取付け:ビス締め】ケラバとは”切妻屋根”や”片流れ屋根”の外壁から出っ張っている屋根部分の中で、雨樋が付いていない側をケラバと言います。ケラバ周辺の雨仕舞をしっかりと行わないと、雨漏りの原因や外壁の汚れや劣化にもつながります。

松本今井S邸

松本市今井の以前からお世話になっている顧客様から、大雨が降ると天井裏から水が落ちる音がするから見て欲しいというご依頼を頂き、調査に伺いました。その音がする日に伺えるのが一番いいのですが、梅雨が明けて雨が降らなくなり、夕立を狙うにもいつ夕立が...........