松本市深志I様邸 バルコニー防水雨漏り補修工事始まりました。


ベランダ 防水 FRP
松本市深志I様邸にて、バルコニー床の防水塗装工事のご依頼がありました。FRPというガラス繊維強化プラスチックの上に仕上げ塗装されています。その仕上げ塗装が少しヒビ割れてきていたので今回塗り替えでのご提案となりました。
まず下地処理と高圧洗浄をしたのですが、排水溝付近の表面塗膜の亀裂部分からジワジワと水がしみだしてきます

FRP 雨漏り
ちょうど壁の立ち上がり付近の亀裂からじわじわと。
FRP 水 しみだし
しばらくの間水が出続けました。どう考えても高圧洗浄した水が裏側へまわってしまって漏水しているように思えます。
バルコニー防水 雨漏り
すぐにI様に連絡し、状況説明し壁を剥がしてしっかり調査します。(この段階で同時に壁張替えと防水処理の見積書も添えて相談しました。)
窯業系サイディングボードの下地に木胴縁が見え、その下にしっかりアスファルトフェルトという防水紙が貼られています。
パラペット 雨漏り
がしかし
一番下の土台水切りを外すと、防水紙が途切れていてそこからFRPの裏側のベニヤの切り口に水が入っていました
パラペット 雨漏り
長い間給水したことによりベニヤ板はボロボロです。
今ではこういった部分の防水処理基準がかなり厳しいですが当時はまだそこまでうるさくなかったのでしょう。雨漏りして当然の構造になっていました。
防水シート
透湿防水シートを新しく貼ります。
ベランダ 雨漏り
念には念を。これでもかというぐらい丁寧にピシッと貼ります。
防水 処理 テープ
ベニヤの切り口部分を捨て水切りという板金とシリコンコーキングで塞ぎ、上から透湿防水シートを被せます。
防水気密テープ
そして捨て水切りと透湿防水シートを防水テープでしっかり貼ります。これで万が一外壁材の裏へ水が入ってもしっかり表側に水が抜ける構造にします。
樹脂胴縁 ベランダ サイディング
今度は外壁の下地工事へと移ります。今までの木製胴縁だと数年で痩せてしまったり腐ってしまうので弊社では樹脂製で芯材にアルミ板が入ったものを使用します。
バルコニーサイディング
これなら半永久的に腐食しないのと、万が一の雨漏り・劣化に対しても安心できますね
バルコニー 雨漏り
本日の作業はここまで。
しっかり防水処理ができました。実は防水テープの貼り方ひとつでも雨漏りはしてしまいます。ちょっとしたテープのシワや切れ目から水が浸入してしまったり、テープを貼る順番も気を使います。
もうじき梅雨の季節が来ますが皆さんのお家は大丈夫ですか?
屋根だけでなく今回のような外壁が絡んでもお任せください
街の屋根やさん松本平店がしっかりと調査から施工までやります

同じ工事を行った施工事例

施工事例

ベランダ防水の工程を画像で解説シーラー~中塗り~トップコート

ベランダ防水シーラー
ベランダ防水シーラー
工事内容
防水工事
使用素材
築年数
建坪
保証
工事費用
施工事例

東筑摩郡麻績村 雨漏りすが漏れ第一段階の工事 防水テープ処理

東筑摩郡麻績村 雨漏り
東筑摩郡麻績村 雨漏り
工事内容
雨漏り修理
防水工事
使用素材
築年数
建坪
保証
工事費用

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

諏訪市中洲コーキング

諏訪市中洲にて外壁塗装を始めました。今回の外壁リフォームの課題は窓回りやサイディングのつなぎ目のコーキングです。外壁塗装する前に最低限必要な下処理をしている段階です。

松本市村井ペットショップ

9月16日の雨で松本市のペットショップから雨漏りの相談です。雨漏りによる漏電も発生している模様早速お伺いする予定をくみました。雨漏り調査、本日3人でお伺いすることに。漏電というころで電気担当の中沢も同行いたしました。

のし瓦 隙間

松本市梓川O様邸にて瓦屋根と壁との隙間を塞ぐ工事を行いました。工事前はこんな感じにのし瓦が下がってしまいそこから壁の中の断熱材が見える状態でした。お施主様も自分で応急処置としてタオルを詰め込んでなんとかしのいでいましたが今回コウモリかネズミ...........