塩尻市大門T様邸にて雨漏り発見!!棟瓦積み直し工事をしました


塩尻市大門T様より雨樋修理のご相談。ついでに家全体をグルグル点検していると、予期せぬ箇所を発見
塩尻市T邸瓦積み直し
雨漏りです。
天井を剥がして原因を調べます
塩尻市T邸瓦積み直し
天井の雨シミのすぐ上に屋根の裏側が見えており、そこに雨シミを発見しました
塩尻市T邸瓦積み直し
おそらくここからの雨漏りで間違いないでしょう。





雨漏り箇所の真上は・・・
塩尻市T邸瓦積み直し

ココです。
棟瓦が複雑に交差しており雨漏り事例も多い部分です。


塩尻市T邸瓦積み直し

一見、どこも悪い箇所は無さそうではありますが、水の侵入経路はとても複雑。

目視では見当も付きません。

塩尻市T邸瓦積み直し

 
塩尻市T邸瓦積み直し

少々の補修を試みましたが、雨漏りは続きました。

本来のご依頼である雨樋交換は後回しにして、棟瓦の積み直しを先行で進める事に。
塩尻市T邸瓦積み直し
大棟(一番上にある棟)から撤去して様子を見ていきます。
塩尻市T邸瓦積み直し
下地が土葺きです。どちらかと言えば防水能力が低く、棟瓦のすき間から水が入れば雨漏り危険度が高い構造になっています。
塩尻市T邸瓦積み直し
続いて下がり棟(軒先に向かって斜めに下っている棟)を撤去していきます。
おおよそ検討がつきました
本来下がり棟には、のし瓦を一枚もので使用しなければいけないのですが、半分に割ったものを使ってありました。そして土葺きなので隙間から侵入した水がどんどん中へ入ってしまう状態でした。
塩尻市T邸瓦積み直し
雨が強かったり風があると余計に雨水が浸入しやすい状態になります

『下がり棟ののし瓦は1枚物で』
これ瓦屋さんの間では暗黙のルールです。
昔ながらの知恵ですね
塩尻市T邸瓦積み直し
今度は土葺きではなくモルタルにて施工していきます。
塩尻市T邸瓦積み直し
土に比べ止水効果があるのと、瓦をしっかり固定する意味をもちます。

塩尻市T邸瓦積み直し
熟練したスタッフが丁寧に作業を進めていきます
塩尻市T邸瓦積み直し
大棟は半分に割れた寸法ののし瓦を使用します。
塩尻市T邸瓦積み直し
塩尻市T邸瓦積み直し
下がり棟は今度一枚物を使用します。
塩尻市T邸瓦積み直し
丸瓦をのせて仕上げていきます。
塩尻市T邸瓦積み直し
銅線でしっかり固定し、地震がきても崩れ落ちないよう縛ります。
塩尻市T邸瓦積み直し
塩尻市T邸瓦積み直し
塩尻市T邸瓦積み直し
きれいに仕上がりました

これから台風も多くなる季節です

これで雨漏りの心配も改善されて安心して暮らせますね

同じ工事を行った施工事例

施工事例

塩尻市大門 棟瓦積み直しの工程を、写真で詳しくご紹介します!

塩尻市大門T様瓦積み直し
塩尻市大門T様瓦積み直し
工事内容
棟瓦取り直し
使用素材
和瓦(平瓦・棟瓦)モルタル
築年数
37年
建坪
50坪
保証
工事費用
約8万
施工事例

塩尻市M様邸にて 棟瓦と鬼瓦積み直し改修事例をご紹介します。

施工前2
棟の改修工事1
工事内容
棟瓦取り直し
使用素材
瓦専用モルタル
築年数
30年
建坪
35坪
保証
5年
工事費用
5万円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

IMG_20190305_091610_R

今回は自然豊かな安曇野市穂高のお客様からのご依頼です。穂高は安曇野市の中でも一番の観光地。自然豊かで北アルプスもとても美しく見えます。話が反れましたが今回のご相談内容は強風のある日、ガシャン!との音でビックリ!音の方へ行くと庭に瓦が散乱・・...........

松本市内田M邸⑩

今回は雨漏り点検のご依頼です。季節は冬。凍える様な寒い日。こんな日でもご依頼があれば何処へでも伺います。屋根にも昇ります。もちろん安全には最善の注意を払って。日程を決めお施主様宅を訪問。お話しを聞くと2階のお部屋の天井に雨染みが出てきたとの...........