オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

猿田松本市元町にて漆喰壁か剥がれたとの事で補修工事を行いました


漆喰補修
今回のご依頼は松本市元町の顧客様よりご依頼です。
漆喰の壁が崩れてしまったとの事でご依頼をいただきました。
さっそく屋根へ上ると外壁の漆喰が落ちてしまっています。
漆喰補修
土壁の下地へ仕上げとして漆喰を塗ってあるのですが剥がれ落ちてしまっています。
漆喰壁の特徴としては成分が徐々に硬化していくため上手にメンテナンスをすれば100年も持つとも言われています。
そのたメリットはたくさんありますが、デメリットとしてはキズが付いやすい、施工期間が長い等が挙げられます。
剥がれ落ちる原因としては建物の揺れなどにも関わります。
松本市では以前大きな地震がありました。
その時に亀裂等が生じた可能性もあります。
漆喰補修
今回の補修方法は剥がれ落ちた外壁に構造用合板を打ち付け土壁が崩れて来ない様に抑え、その上へ仕上げ材としてアルミの板を張るという事に決まりました。
左官屋さんにもう一度漆喰を塗ってもらうよりも工期も短く予算もかなり抑えられます。
もちろん左官職人さんの漆喰での仕上がりにはかないません(>_<)
漆喰補修
崩れた漆喰を剥がし針葉樹合板を張っていきます。
施工しているのは当社の大工の親方K氏です。
人に厳しく自分もに厳しく職人を絵に書いたような男です。
漆喰補修
作業に妥協は一切ありません。壁の形に合わせしっかり取り付けます。
漆喰補修
下地材をしっかり躯体の材木へと取付ます。
これでもう剥がれ落ちる事はありません。
その上へ仕上げ材のアルミ板を張ります。
プラスチックをアルミで挟んであるため水を一切吸い込みません。強い衝撃が無い限りはずっと長持ちします。
漆喰補修
アルポリ板を壁の形に合わせて貼っていきます。構造用合板の上に接着剤とピンネイルという非常に細い釘で固定していきます。
漆喰補修
壁を張ったあとは周りのシーリング施工です。
このままでも問題はありませんがシーリングで廻りを塞ぐことにより隙間をなくし雨水の侵入を防ぎます。
漆喰補修
仕上がりです。
作業日数は約2日ほど
使う材料は下地材と仕上げ材のみで出来ます。
是非同じ様に壁が崩れた!なんて時はご相談下さい。
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら街の屋根やさん松本諏訪平店にお問合せ下さい!
9時~19時まで受付中!!
0120-26-1468