茅野市本町動物病院モールのリペア、防水処理、仕上の塗装の様子


茅野市本町D邸モール
いつもお世話になっている茅野市本町にある動物病院で、外壁の1階と2階の間にある幕板(モール)が、雨水の侵入で塗装が剥がれ、一部破損してしまっていたので、このモールのリペアと防水処理、仕上げの塗装を行いました。
モールはただはまっているだけで本来モールの上下にシーリング材を打って、雨水など水の侵入を防ぐのですが、そのシーリング材がありませんでした。これでは水が入って悪さをします。外壁に被害が無かったことが不幸中の幸いでした。
茅野市本町D邸モール
茅野市本町D邸モール
まずは破損しているモールのリペアからです。
今回リペアに採用したのは、オランダのリペアケア・インターナショナル社が開発した、2液性エポキシ樹脂系充填成形補修剤【ドライフレックス】です。動きのある素地に高い密着性と追従性を発揮する成形補修材です。主剤Aと硬化剤Bを撹拌して使います。
茅野市本町D邸モール
茅野市本町D邸モール
木部やモルタルなどしみ込みのある素地にはプライマーという下塗り材をしみこまなくなるまで塗ります。今回はセメント系のモールのリペアだったので、プライマーを十分しみ込ませからドライフレックスを塗布しました。
成形補修材ですのでただ塗布するのではなく、半乾きになったらモールの形に合わせて成形します。
茅野市本町D邸モール
茅野市本町D邸モール
リペアが終わったら、防水処理です。弊社標準仕様のオート化学工業のオートンイクシードというシーリング材を採用しました。こちらも動きのある素地に追従性の高いシーリング材です。
余計なところにはみ出さないのと、きれいなラインを出すためにマスキングテープを貼ります。左側の画像の紫色のテープがマスキングテープです。
右はシーリング材を打ってマスキングテープを剥がしたところです。きれいなラインでシーリング材が打たれています。
マスキングテープはシーリング材を打ってすぐに剥がさないと、テープを剥がす際にシーリング材を引っ張ってきてしまいます。スピード勝負の作業です!
茅野市本町D邸モール
茅野市本町D邸モール
リペアとシール打ちが終わったら、仕上げの塗装です。剥がれていた塗料や水の侵入で発生したコケなどをきれいに落として、元の色と同じ白い塗料を塗りました。
リペア後黄色くなっていた部分も仕上げの塗装で見えなくなります。

茅野市本町D邸モール
リペアからシーリング材での防水処理、仕上げの塗装まで終わりました。
もともときれいな外壁でしたが、モールの破損で見た目が悪くなっていました。
このリペアで元通りになりました。お施主様にも喜んでいただきました。