塩尻市片丘でサイディング工事!架設足場の設置が始まりました!


今回の現場は外壁のサイディング工事です。そのサイディング工事に先行して、架設足場の設置工事が始まりました。お隣りとの境界や敷地内の障害物等々、気を配らなくてはいけない箇所が多々あります。フェンスや給湯ボイラー、お庭の植栽、家庭菜園、、、いろいろあります。それらの状況に合わせて、組み立てていきます。
塩尻市片丘M邸SD
今回は外壁のサイディングということで、四方を囲っていきます。安全確保のため転落防止用に、軒先より1mほど高く組み立てています。
塩尻市片丘M邸SD
2階の窓下に取り付けられている手摺り(プランターBOX)、これもサイディング施工の時には一度外します。その作業も考慮して組み立てるわけですね!
塩尻市片丘M邸SD
南側のバルコニー周りの様子です。今回のお客様の建物は全体的には総2階タイプですが、どんなお家にも結構、障害物や凹凸があるものです。工事内容に合わせて、作業がし易いように配置、組み立てをしていきます。(足元には家庭菜園が迫っていました、、、)
塩尻市片丘M邸SD
お隣との境界線側です。境界まで1mちょっとだったでしょうか。給湯ボイラー等の機器類もあり、設置には苦労したところですね。(理想としては1.5mくらいあると、、、とは言えませんが)
塩尻市片丘M邸SD
今回、お客様は外壁の劣化、損傷を最初は部分的に補修しようか、ともお考えでした。ご相談をいただき、状況を点検すると、、、浴室周りの窓下が凍害(凍結と溶融を繰り返すこと)によって、完全に割れて穴が開いている状態!部分的に修繕も可能でしたが、金属サイディングによる施工をお勧めしました。
塩尻市片丘M邸SD
ちょっと遠めの写真ですみません。外壁自体だけでなく、壁の目地もかなり傷んでいました。いわゆる目地のコーキングですね。柔軟性がなくなり、ひび割れして最後は脱落してしまいます。(あちこちで脱落までありました)家全体を守るということからも、金属サイディングの選択は正解だったと思います。