ケーミュー株式会社の金属サイディングはる一番を外壁に重ね張り


外壁材の一つ、サイディング・・もしかしたら聞きなれない材料かもしれません。
お家の外壁に貼る仕上げ用の板材のことで、デザインや色が豊富なことから、多くの住宅で採用されている材料です。素材はセメント質と繊維質を混ぜた窯業系サイディング、主にガルリウム鋼板製の金属サイディング、他にもアルミ製や樹脂製の物も出てきました。シェアは圧倒的に窯業系サイディングが多いです。ただこの窯業系サイディングは吸水性が高く、塗装と目地や窓廻りのシーリングによる防水が不可欠ですが、塗装やシーリングが劣化しそのメンテナンスを怠ると、雨水などを吸ってしまったり、サッシからの結露などでボロボロになってしまいます。
そうなると塗装でのメンテナンスは難しくなり、外壁の張替えもしくは重ね張りの工事が必要になります。
穂高サイディング
穂高サイディング
穂高サイディング
穂高サイディング
先日、雨水や結露で傷んだ外壁に金属サイディングを重ね張りする工事を致しました。その様子をご紹介します。
弊社では主にケイミュー株式会社の金属サイディング【はる・一番】を採用しています。
本体を貼る前に下地作りからです。何本も縦に黒いラインが見えるかと思います。胴縁という樹脂製の角材です。施工マニュアルでは木製の胴縁になっていますが、弊社では腐食しない樹脂製の胴縁を使っています。
穂高サイディング
穂高サイディング
穂高サイディング
穂高サイディング
付随する細かい部材を取り付けた後に、本体を貼っていきます。不陸や水平を確認しながらの作業です。
先ほど取り付けた胴縁にビスで止めていきます。これは横貼りなので胴縁は縦方向につけていきましたが、本体が縦貼りの場合は胴縁は横方向につけます。
断熱材つきの外壁材ですので特に冬は効果が出ると思います。また、胴縁を入れることで既存の外壁と新しい外壁の間に通気の隙間ができ、劣化も防ぐことが出来ます。
before1
穂高サイディング
vertical
after1
穂高サイディング
before1
穂高サイディング
vertical
after1
穂高サイディング

街の屋根やさん松本平店では資格を持った診断士が豊富な施工実績と知識を基に

隅々まで丁寧に見させていただき、劣化状況にあった適正な提案をいたします。

正当な金額の見積り、正しい施工判断、腕のいい職人が施工し、

安心の保証やアフター制度も充実しております。

ご納得いくまでご説明、お打ち合わせをさせていただきます。

是非、街の屋根やさん松本平店までお問い合わせください!

お待ちしております。

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら街の屋根やさん松本平店にお問合せ下さい!
9時~19時まで受付中!!
0120-26-1468