塩尻市広丘にてログハウスの木間シーリング打ち工事を行いました


ログハウスシール
塩尻市広丘でログハウスの材木と材木の間のシーリング工事を行いました。
ログハウスのシーリング工事とは?

ログハウスシール
ログハウスのシーリング工事とは?
木の間のシーリングの事です。
メートル数的にもかなりの数になります。
ログハウスといえば屋根の角度が急な家(急勾配)の家が多いです。

ログハウスシール
今回も屋根が急です、しかも2階部分の1階屋根の上のシーリング作業ですので
当然足場は必要になります。
ログハウスシール
2階東側部分は板張りですが、長年の吸水、乾燥収縮により隙間が空いてきております。
 風向きにより雨漏りもしますし隙間風も入ります。
ログハウスシール
シールを施工(シール打ち)ですが、余分な箇所を汚さない為、丸太と丸太の間全箇所に養生テープを張ります。
手間を惜しみなく掛けることにより仕上がりがきれいになります。
ログハウスシール
シーリングを打ち終えましたら、他にシーリングが付着したりしない様に丁寧、なおかつ迅速に養生テープをはがします。
ログハウスシール
今回はあえてログの色と変えてシーリングを施工しました。
シーリングの色とログの色の配色がお施主様の満足レベルでの仕上がりになりました。
私的にもログの間に色違いでシールしてあるので見た目の
美しさがきわだっているように思います。
ログハウスシール
足場を撤去した後、丸太に入ったクラックをシーリングで埋めます。
こちらのほうは丸太と同系色のシーリング材を使います。
以上で隙間風も雨漏りも問題解決ということになりました。