松本市波田「玄関吹き抜け」を床張りに!LDK18畳に改装工事


松本市波田A邸吹き抜け床
松本市波田A邸吹き抜け床
玄関吹き抜け部分に床を張って、吹き抜けのとなりの和室も全面改装です。吹き抜けと和室部分含めて、18畳のLDKの施工になります。和室部分の余分な柱は撤去して、強度が落ちないように梁で補強します。写真は二階からみた、現状の吹き抜け
になります。まず、手摺りの解体、天井の解体からになります。床フラットのフロアー張、壁、天井の現状の芯壁から大壁にしてクロス仕上げになります。
松本市波田A邸吹き抜け床
松本市波田A邸吹き抜け床
解体後、吹き抜け部分の一部床張りです。全面張ってしまうと材料搬入が困難になるので、一部開口した状態で仕上げます。
写真は梁組を金物で固定、根太組(フロアーの下地)組になります。
松本市波田A邸吹き抜け床
松本市波田A邸吹き抜け床
写真は和室の邪魔になっていた柱を撤去して、梁で補強しまして、吹き抜け部分と一体になるワンフロアーのLDK18畳になります。床にグラスウール100mm断熱材をはさんで、断熱性、消音性に効果を発揮します。他、各サッシに内付けサッシLow-Eを組み合わまして、断熱、結露防止に効果をあげています。左写真はクロス下地ボード張り工事中です。右写真は完成写真一部です。完成写真の全体を映したかったですが、すでに荷物の引っ越し後で、生活観が出てしまい、お客様に迷惑がかかるので、キッチン部分の写真のみで堪忍して下さい。キッチンはLIXIL製になります。一階にもキッチンはあるので、完全な二世帯の間取りになります。完成になります。こういう施工に携わってますと、完成時はいつもお客様が喜んで頂けるのもありがたいし、うらやましくて我が家もリフォームしたい感情にとらわれます。