塩尻市 新築トータル外構工事。ガレージ、土間コンクリート他。


ガレージ施工中
新築引き渡し時は駐車場、庭廻りは砕石敷のみの状態でした。今回ガレージ含め、アプローチ、駐車場土間コンクリート、インターロッキング、ブロック塀にてトータル家廻りの施工です。写真はガレージ組立完成です。建築確認申請必要な為、ガレージは塩尻市に適応の積雪100㎝対応型になります。地区によっては、確認申請と併用して地区協定がありまして、ガレージが建てる位置により、高さ制限や隣地の距離制限もあり、ガレージ建て方もとてもシビアです。もちろんガレージ柱を固定する基礎寸法もメーカー申請に当てはまった寸法になり、都度写真が必要になってきます。ガレージ下は土間コンクリートの他、センター部分に目安となる、土間コンクリートと色が違うインターロッキングでアクセントを付けて、車の出入りがスムーズにいくようにしました。
アプローチ施工中
続いては、アプローチです。300㎜掘削して、砕石敷を200㎜敷いて転圧をかけます。この上にインターロッキングで仕上げていきますが、砕石上にインターロッキングクッションの役目と路盤の不陸調整(高さレベル調整)になる砂敷40㎜(当社はバサモル)砂にモルタルを混ぜる事によって、車のタイヤ圧による沈み込みを防止する施工をします。
ブロック塀工事
ブロック門柱
ガレージ施工と併用して奥側のブロックによる塀とポスト、表札、インターホンを組み込んだ門柱の施工中と完成写真になります。ブロックは濃いめのグレー色が特徴のSBICスクーブで、笠木を天然石のクリスタルキャップで仕上げてます。背の高い門柱部分はあまり巾を取らずに、さらに簡易目隠しになるようにとお客様と何度か打合せをさせていただきました。
全体完成。
左側門柱を段違いにして、アプローチ部分も300㎜角のインターロッキング敷、残りの左駐車場は土間コンクリート仕上げ(刷毛引き)仕上げてます。完成になります。