オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

塩尻市高出にて今年最初の屋根の現地調査に行ってきました


塩尻市高出にて、今年初の屋根への登頂に行ってきました。午前中に行ってきたのですが、例年ならこの時期の午前中に屋根に上ることなどありませんでした。霜が降り、それが解けて乾くまで、濡れて滑りやすくなっているのでお昼頃までは上れませんでした。ところが今年は超がつくほどの暖冬、霜は降りますがすぐに溶けて、気温が高いから乾きも早いので、午前中の早めの時間でも屋根に上ることができました。

屋根現調
屋根現調
肝心の屋根の状態です。15年ほど前に一度塗り替えをしたそうですが、かなりサビが出ていました。15年ほど前だと塗ったのはウレタン樹脂塗料だと思います。塗膜の保護機能がなくなりサビが出てくるのですが、その保護機能は結構前になくなっていると思います。その後赤錆が出るまでに数年かかっているはずなので、やはりウレタン塗装の耐候年数は5年から7年といったところなんだと思います。
屋根現調
屋根現調
スチールの雪止めは完全にサビていました。この状態だと屋根材やその塗料がいくら良くても、もらいサビで周辺はサビてしまいます。典型的なもらいサビの画像です。このウィングタイプの雪止めをそのままにしておくと、この後いくらいい塗料で塗装してもすぐにサビてしまいます。ステンレスの雪止めに交換することをお勧めします。
屋根現調
屋根現調
Lアングルの雪止めも塗膜が剥がれたり、さびが出ています。屋根塗装をする際にはこのアングルを外して隠れているところもすべて塗装します。塗り残した部分があるとそこからサビてきてしまいます。
屋根現調
屋根現調
最後に雨樋の点検です。表面は前回塗装したようなのであまり傷んではいませんでしたが、内側は全面サビていました。このままだと腐食して穴が開いてしまいます。今後のことを考えれば雨樋は交換したほうがいいかもしれません。

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

45ロック

いつもブログを見てくだりありがとうございます。このブログが見て下さる方に少しでもお役に立てれば嬉しく思います。諏訪郡下諏訪町にて三晃葺きから株式会社セキノ興産の45ロックへのカバー工法が進んでいます。こちらは2階屋根です。吊り子と呼ばれる金...........

仕上がり

下諏訪町にて三晃式の屋根から株式会社セキノ興産の45ロックへのカバー工法が仕上がりました。今回はお施主様から古くなった屋根材を塗装では無く、新しくしたいとご相談を頂き、いくつもある商品と施工方法に中から45ロックでのカバー工法という選択をし...........

屋根工事

下諏訪町にて三晃式の屋根から株式会社セキノ興産の45ロックへのカバー工法が大詰めです。本日の施工は一部横葺き屋根の塗装工事です。こちらの屋根は出窓部の小屋根になり、カバー工法による施工では無く塗装での仕上げになります。屋根材自体の状態も悪く...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら街の屋根やさん松本諏訪平店にお問合せ下さい!
9時~19時まで受付中!!
0120-26-1468