12年前にフッ素で塗替えをした屋根をアフター点検してきました


岡谷市長地(おさち)で12年前に弊社でフッ素塗料で塗値替えをしたお家の屋根をアフター点検してきました。このお家はこの前のブログに書いた同じアフター点検のお宅を12年前に塗装していた時に、お隣の家から、うちも塗って欲しいということでご依頼いただいたお宅でした。
2件同時に点検に伺ったのですが、前のお宅は屋根はシリコン樹脂塗料を使って塗装しました。その結果12年後に再び塗装をすることになったのですが、このお宅はフッ素樹脂塗料を使って塗替えをしました。
10年点検フッ素
10年点検フッ素
10年点検フッ素
10年点検フッ素
10年点検フッ素
10年点検フッ素
上の6枚の画像がフッ素樹脂塗料を塗って12年経った屋根です。
剥がれやサビ、色褪せ、変色などの劣化の症状はもちろん、ツヤも抜けてなく、ピカピカのままです。屋根は外壁と違い、常に太陽のもとで紫外線を浴び続けています。その為外壁に塗ったフッ素よりも耐候年数は短くなってしまい、15年程と言われています。
しかしこのお宅の屋根は12年経っても塗りたてと変わらない状態を維持しています。これはAGCコーテックのフッ素樹脂塗料だからともいえます。AGCのフッ素は分子の結合エネルギーが紫外線の塗膜を劣化させるエネルギーより強いため超高耐久性を維持できるためです。
劣化状況などでフッ素は塗れる屋根を選んでしまうのですが、フッ素塗装可能な屋根なら是非お勧めしたい塗料です。

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

アルピア20190806

一昨年に屋根の塗装をさせていただいてから度々声をかけていただいている松本市梓川のショッピングセンター、先日8月6日の夜に起きた突風災害で甚大な被害にあわれました。ダウンバースト(積乱雲から吹き降ろす爆発的な気流が地表に衝突して吹き出す破壊的...........

塩尻市大門Y邸屋根葺き替え

【ケラバカバー取付け:ビス締め】ケラバとは”切妻屋根”や”片流れ屋根”の外壁から出っ張っている屋根部分の中で、雨樋が付いていない側をケラバと言います。ケラバ周辺の雨仕舞をしっかりと行わないと、雨漏りの原因や外壁の汚れや劣化にもつながります。

松本今井S邸

松本市今井の以前からお世話になっている顧客様から、大雨が降ると天井裏から水が落ちる音がするから見て欲しいというご依頼を頂き、調査に伺いました。その音がする日に伺えるのが一番いいのですが、梅雨が明けて雨が降らなくなり、夕立を狙うにもいつ夕立が...........