岡谷市長地でアフターフォローで塗装後10年点検をしてきました


弊社イトウ住建では、定期的に過去に屋根や外壁を塗装してくださったお客様で、塗装後10年から15年経過したお宅にアフター点検を行っています。
先日岡谷市長地(おさち)のY様邸でそのアフター点検を行ってきました。
10年点検
10年点検
まずはチョーキングの確認です。チョーキングとは屋根や外壁を触ると屋根や外壁の色が粉状に指につく現象です。太陽からの紫外線の影響で塗料の中にある色を出す顔料が浮いてきて、このチョーキングという現象になります。チョーキングが出ると屋根や外壁から出る、塗り替えて欲しいというSOSサインだと思ってください。
この屋根もそのチョーキングが現れてきました。私の不格好な指先に青っぽい色が付いているのがお分かりかと思います。
10年点検
10年点検
10年点検
次に1階下屋根の屋根面をチェックしました。
上の画像同じような画像が3枚ならんでいますが、この上がちょうど2階大屋根の軒樋があります。軒樋沿いに変色や一部剥がれが見られました。雨樋自体に損傷はなかったのですが、直接雨樋に当たった雨が雫になって下に落ちたのではないかと思います。
10年点検
10年点検
10年点検
10年点検
2階大屋根に上ってみると・・・サビが出ていました。
雪止めのLアングル周辺に多くサビが見られます。前回このアングルも塗装したのですが、素材がスチールだったため、落としきれなかったサビが表面に出てきてしまい、もらいサビというサビ方をしています。サビているものを置いておくとサビにくいガルバリウム鋼板でさえもサビてしまいます。これがもらいサビです。
その他にも所々サビが出ていました。2階の屋根なのでお施主様は上って確認できません。今回我々が点検のために上らなければこのままサビは進んでいたと思います。
このお宅は12年前に塗装をしたお家でした。お施主様は12年前の見積もりも大事にとっていらっしゃって、当時使った塗料や面積も見積りからわかりました。
塗料はこの12年間で進化していますので、バージョンアップした塗料を当時よりもお安く提供できます。チョーキングやサビも出ているので再度塗り替えて頂く事になりました。

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

アルピア20190806

一昨年に屋根の塗装をさせていただいてから度々声をかけていただいている松本市梓川のショッピングセンター、先日8月6日の夜に起きた突風災害で甚大な被害にあわれました。ダウンバースト(積乱雲から吹き降ろす爆発的な気流が地表に衝突して吹き出す破壊的...........

塩尻市大門Y邸屋根葺き替え

【ケラバカバー取付け:ビス締め】ケラバとは”切妻屋根”や”片流れ屋根”の外壁から出っ張っている屋根部分の中で、雨樋が付いていない側をケラバと言います。ケラバ周辺の雨仕舞をしっかりと行わないと、雨漏りの原因や外壁の汚れや劣化にもつながります。

松本今井S邸

松本市今井の以前からお世話になっている顧客様から、大雨が降ると天井裏から水が落ちる音がするから見て欲しいというご依頼を頂き、調査に伺いました。その音がする日に伺えるのが一番いいのですが、梅雨が明けて雨が降らなくなり、夕立を狙うにもいつ夕立が...........