オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

岡谷市長地でアフターフォローで塗装後10年点検をしてきました


弊社イトウ住建では、定期的に過去に屋根や外壁を塗装してくださったお客様で、塗装後10年から15年経過したお宅にアフター点検を行っています。
先日岡谷市長地(おさち)のY様邸でそのアフター点検を行ってきました。
10年点検
10年点検
まずはチョーキングの確認です。チョーキングとは屋根や外壁を触ると屋根や外壁の色が粉状に指につく現象です。太陽からの紫外線の影響で塗料の中にある色を出す顔料が浮いてきて、このチョーキングという現象になります。チョーキングが出ると屋根や外壁から出る、塗り替えて欲しいというSOSサインだと思ってください。
この屋根もそのチョーキングが現れてきました。私の不格好な指先に青っぽい色が付いているのがお分かりかと思います。
10年点検
10年点検
10年点検
次に1階下屋根の屋根面をチェックしました。
上の画像同じような画像が3枚ならんでいますが、この上がちょうど2階大屋根の軒樋があります。軒樋沿いに変色や一部剥がれが見られました。雨樋自体に損傷はなかったのですが、直接雨樋に当たった雨が雫になって下に落ちたのではないかと思います。
10年点検
10年点検
10年点検
10年点検
2階大屋根に上ってみると・・・サビが出ていました。
雪止めのLアングル周辺に多くサビが見られます。前回このアングルも塗装したのですが、素材がスチールだったため、落としきれなかったサビが表面に出てきてしまい、もらいサビというサビ方をしています。サビているものを置いておくとサビにくいガルバリウム鋼板でさえもサビてしまいます。これがもらいサビです。
その他にも所々サビが出ていました。2階の屋根なのでお施主様は上って確認できません。今回我々が点検のために上らなければこのままサビは進んでいたと思います。
このお宅は12年前に塗装をしたお家でした。お施主様は12年前の見積もりも大事にとっていらっしゃって、当時使った塗料や面積も見積りからわかりました。
塗料はこの12年間で進化していますので、バージョンアップした塗料を当時よりもお安く提供できます。チョーキングやサビも出ているので再度塗り替えて頂く事になりました。

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

5e2f91521135232130e61921694f9c4c

塩尻市広丘で耐震補強工事の依頼を受けました。写真は耐震補強工事の一例の屋根葺き替え工事の様子です。既存の和瓦を下ろして、金属屋根に葺き替えています。屋根の重量を10分の1まで軽量化出来ます。建物の重さの重心が金属屋根材を使用する事により2階...........

屋根

塩尻市で行った瓦下ろしの続きです。瓦が下りたら、お掃除の時間です。長年積もってきた埃や、隙間から入った鳥の巣を取り除きます。

瓦屋根葺き替え

岡谷市長地で瓦屋根からガルバリウム鋼板の長尺屋根に葺き替えの工事を行いましたのでご紹介します。このブログでも再三ご紹介していますが、耐震の関係などで瓦屋根でお困りの方が多く、毎年何件も行っている葺き替え工事です。瓦の降ろし方が立地によってい...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら街の屋根やさん松本諏訪平店にお問合せ下さい!
9時~19時まで受付中!!
0120-26-1468