木曽郡王滝村ペンションすが漏れで破損した屋根の改修工事の様子


木曽郡王滝村すがもれ軒天
【鉄骨の屋根下地を修繕します】
普段は見る事の出来ない高層建物の屋根の構造。
上から屋根材:三晃葺き(さんこうぶき)の屋根その下に屋根下地の合板・・正面の唐草(からくさ)で見えません。
垂木(たるき):通常は材木ですが鉄骨で頑丈にしてあります。
軒天(のきてん)となっていますが、かなり傷んでいるのが見て取れます。
木曽郡王滝村すがもれ軒天
【鉄骨も錆は大敵です。早めのお手入れを・・・】
鉄骨は丈夫な物の概念は間違いではないですよね!しかし、錆びた鉄骨は自然の中にある水分でどんどん酸化を進めて行きます。
酸化(錆化)が進むと最後は紙のように柔らかくなってしまいます。
早めの酸化対策が必要です。
木曽郡王滝村すがもれ軒天
【高所の安全対策:足場を設置しました】
間近で状況が確認できたので、これから鉄の酸化防止工事を行います。
雨や風を直接、鉄骨に当たらなくする工事を考えます。

錆びて傷んだ鉄骨は取り除くことにします。
木曽郡王滝村すがもれ軒天
【高い場所への上り下りには足場階段を利用します】
重い荷物を運ぶ現場ですので安全に荷物運びが出来るしっかりした足場と階段を組み立てて頂きました。
信頼できる長年のお付き合いの足場屋さんです。
いつもお世話になります。
お陰様で安心して作業が出来ますよ。
木曽郡王滝村すがもれ軒天
【錆びて取り外した鉄骨材・・もう紙のようにボロボロです。】
日本では年間を通じて湿度が高く、阪神・淡路大震災では鉄骨住宅も多く倒壊しました。
錆による鉄骨の強度劣化が原因と言われています。
しかし、実際には野ざらしや海辺など水分が常時供給されたり錆びやすい悪環境にない限り、鉄の表面に錆がでた段階で内部にはそれ以上は進行しにくく なるので現実問題として(強度上)問題があることは余り無いと理解して良いそうです。

常時雨風にあたって錆びやすい環境に置かない事が課題の様です。

この工事の現場ブログ

木曽郡王滝村すがもれ軒天

2019/08/05/ 木曽郡王滝村ペンションすが漏れで破損した屋根の改修工事の様子

【鉄骨の屋根下地を修繕します】普段は見る事の出来ない高層建物の屋根の構造。上から屋根材:三晃葺き(さんこうぶき)の屋根その下に屋根下地の合板・・正面の唐草(からくさ)で見えません。垂木(たるき):通常は材木ですが鉄骨で頑丈にしてあります。軒...........

同じ工事を行った施工事例

施工事例

諏訪市にて屋根板金工事・屋根を嵩上げする施工をご紹介します。

諏訪市小和田F邸屋根葺き替え
諏訪市小和田F邸屋根葺き替え
工事内容
破風板板金巻き工事
破風板・軒天部分補修
屋根カバー工事
棟板金交換
雨樋交換
使用素材
SGL鋼板 0.35mm厚
築年数
50年
建坪
25坪
保証
15年
工事費用
110万
施工事例

諏訪市破風のリフォーム工事 破風板の新設と破風板金・雨樋交換

諏訪市小和田F邸屋根葺き替え
諏訪市小和田F邸屋根葺き替え
工事内容
屋根補修工事
破風板板金巻き工事
破風板・軒天部分補修
屋根カバー工事
使用素材
SGL鋼板 破風板
築年数
45年
建坪
25坪
保証
10年
工事費用
破風の部分18万

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

木曽郡王滝村S邸

【軒天のケイカル板・天井裏の換気】一定の間隔に天井に溜った水分を放出できる場所を作る事が望ましいです。上の写真の様に水分の出て行く場所が無いのでケイカル板を加工していきます。

塩尻市緑ヶ丘 軒天塗装

本日は、軒天のお話し。『軒天』は、「屋根や外壁」のようにパッと目に付く花形では無い為、メンテナンスがどうしても後回しになりがちな、地味な場所塩尻市緑ヶ丘の現場を覗いてみましょう。

松本市新村Y邸

本日は、松本市の現場へ雨漏り調査に!!点検口の辺りから雨漏りが原因を調査していきましょう。画像からも確認できるように、天井裏ベニヤ下地に、「雨染み」が目視で確認出来ます。屋根裏に入って様子を確認してみましょう。